夏期国際音楽セミナー特別コース

ブリテン諸島音楽祭マスタークラス&コンサート(イギリス)

2018年3月2日 更新

このマスタークラスは、若い音楽家の育成を目的としてスーザン・ミラン女史の提唱により、ロンドン近郊のギルフォードで開催されるもので、フェスティヴァルに出演する演奏家やロンドンの音楽大学教授陣によるソロと室内楽のレッスンをはじめ各種のレクチャーやコンサート出演など集中したカリキュラムが用意されています。

■開講期間
8月4日(土)~8月13日(月)・10日間


■研修地: ギルフォード / イギリス
ロンドンの南西約50km程にあるサリー州の小都市。ロンドン・ウォータールー駅よりポーツマス行の電車で約40分。講習は郊外の丘陵地帯にある チャーターハウス・スクールで行われます。

■開設科目と担当指導教授
■ ピアノ
Ian Brown ● イアン・ブラウン
イギリスの室内楽ピアニスト、ナッシュ・アンサンブルピアニスト。英国王立音楽院教授。指揮者としても活躍している。

■チェンバロ
Robert Costin ● ロバート・コスティン
イギリスのチェンバロ奏者、オルガニスト、指揮者、教育者。ソリスト、室内楽奏者として国際的な演奏活動も展開している。

■ 声 楽
Patricia Rozario ● パトリシア・ロザリオ
インド生れイギリス在住のソプラノ歌手。ロンドンを拠点にオペラ、コンサートで活躍した。英国王立音楽大学教授。

■ヴァイオリン
Philippe Honoré ● フィリップ・オノレ
フランスのリヨン生まれのVn奏者。フィルハーモニア管やメビウス合奏団で活躍した。。英国王立音楽院教授。

Igor Keller ● イーゴリ・ケラー
フランスのブクスヴィレール生まれ。スイスのザンクト・ガレン交響楽団コンサートマスター。アマル弦楽四重奏団Vn奏者。

■ヴィオラ
Yuko Inoue ● 井上 祐子
浜松生まれ。王立ノーザン音楽大学で今井信子に師事。英国王立音楽院教授。ダンテ弦楽四重奏団Va奏者。ソリストとしても活躍。

■チェロ 
Robert Cohen / ロバート・コーエン
ロンドン生まれ。プリースに師事した後、デュ・プレ、バヷら、ロストロポーヴィチらの薫陶を受け、ソリスト、室内楽奏者として活躍。英国王立音楽院教授。

■ハープ
Ieuan Jones / ユアン・ジョーンズ
イギリスのハープ奏者。英国王立音楽大学でロブレスに師事。ソロ、室内楽の両面に加えオーケストラ奏者としても活躍。英国王立音楽大学教授

■ フルート
Susan Milan ● スーザン・ミラン 
イギリスの女流Fl奏者。ロイヤル・フィル首席奏者を退任後、ソロスト、室内楽奏者として世界的に活躍した。英国王立音楽大学教授。

■ オーボエ
David Theodore ● デイヴィッド・テオドア
英国王立音楽大学教授。BBC響、コヴェント・ガーデン歌劇場管、ロンドン・フィルなど主要なオーケストラで首席奏者を務めた。

■ クラリネット
Mark Van de Wiel ● マーク・ヴァン・デ・ヴィール
英国王立音楽院教授。フィルハーモニア管、ロンドン・シンフォニエッタ首席奏者。エンディミオン・アンサンブルCl奏者。

■ ホルン
Timothy Jones ● ティモシー・ジョーンズ
イギリスのホルン奏者。英国王立音楽院教授。ロンドン交響楽団首席奏者。ロンドン交響楽団ブラス・クインテットメンバー。

■ファゴット
Martin Gatt ● マーティン・ガット
英国王立音楽大学教授。ロンドン・フィル、イギリス室内管、ロンドン響などで首席奏者を務めたほか室内楽奏者としても活躍。

■講習内容
原則として、午前中9時~12時は全員参加による室内楽レッスンやパート練習、個人練習、フリータイムなど、午後2時~5時は担当教授による各科目別の個人レッスンが休憩をはさんでそれぞれ3時間予定されています。

■年齢制限
器楽専攻の方:16から32歳、声楽専攻の方:22から32歳

■宿泊・食事
チャーターハウススクールの宿泊施設を利用します。部屋は全室個室でシャワー・トイレは各階毎での共同利用になります。到着は8月4日の午後、出発は8月14日の朝食後の全10泊で宿泊代は全期間分で375ポンドです。食事は31日の夕食から7日の朝食までの1日3食とモーニング・コーヒー、アフターヌーン・ティーのどの飲み物代もすべて宿泊代に含まれています。

■演奏会
4日の夜の教授陣によるオープニングコンサートに引き続き、講習期間中は受講生による午前11時のコーヒータイム・コンサートと午後1時からのランチタイ・ムコンサートが、夕刻には教授陣と受講生による6時からのバロック・コンサート、8時からは室内楽コンサートが毎日予定されています。

講習会経費
申込金
=33,000円
受講料=700ポンド (約105,000円)
宿泊費=375ポンド/1日3食の食事を含みます。(約56,000円)

■申込締切日

5月25日(金)

■提出書類: ①申込書、②簡単な音楽歴

~お申込みの前に必ずお読み下さい。-ご案内とご注意~

 

■ 【オーディションコース】お申込みはこちら

- 01ピアノ, 02声楽, 03ヴァイオリン, 04ヴィオラ, 05チェロ, 07ハープ, 08フルート, 09オーボエ, 10クラリネット, 12ホルン, イギリス, 夏期国際音楽セミナー特別コース

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2019年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。『ヨーロッパで学ぶ』⇒『春期開講国際コース/通年コース』よりご確認下さい♪

1月開催の講習会
♪キューザ・オーボエ&ファゴット
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

2月開催の講習会
ウィーン音楽ゼミナール
2019年詳細決定
♪ウィーン音楽マスタークラス
2019年詳細決定
♪パリ冬期
日程のみ決定:
2/23(土)~3/2(土)
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

3月開催の講習会
♪ドイツ ハンブルグ
2019年詳細決定
オスナブリュック
2019年詳細決定

4月開催の講習会
♪パリ イースター
日程のみ決定:
4/20(土)~27日(土)
♪ワロニー
詳細未定

◆Vienna New Year’s Concert 2019◆

2019年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

ウィーンで過ごす年末年始は、音楽を愛する人にとって最高の贅沢と言われています。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに初登場するドイツ正統派の実力者、クリスティアン・ティーレマンの指揮で聴く、軽快で愉悦感あふれるワルツやポルカと年末年始恒例のウィーン国立歌劇場の「こうもり」を中心に、ホフブルクでの年越しの大舞踏会「ル・グラン・バル」とスペイン乗馬学校の年末恒例の華麗なガラ公演を組み合わせた全6コースでご案内します。

ニューイヤーコンサートの詳細につきましてはこちらをご確認ください♬

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。