夏期国際音楽アカデミー総合コース

パブロ・カザルス夏期国際音楽アカデミー

2017年1月11日 更新

パブロ・カザルスが隠遁生活を送ったピレネー山麓の町プラードで、1950年以来行われているカザルス音楽祭の一環として開催されるマスターコースで、パリ国立音楽院をはじめヨーロッパ各地の音楽大学教授陣や音楽祭に出演する演奏家が講師を務め、午前中はソロのマスタークラス、午後はアンサンブルと、精力的なカリキュラムが組まれています。

 

1パブロ 2パブロ

■受講期間

2017年8月1日(火)~8月14日(日)・2週間


■研修地:プラード・フランス
フランス南部、スペイン国境に位置するピレネー=オリアンタル県の県都ペルピニャンの西約40km、カングー山麓の中世の町。パリ・オルリー空港よりフランス国内航空で約1時間又はパリ・リヨン駅よりTGVで約5時間でペルピニャンへ、ペルピニャンより列車又はバスで約45分。

■開設科目
ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン・弦楽四重奏・室内楽

■開設科目と担当指導教授

詳細はこちらをご覧ください。


■講習内容
ソロのマスタークラスと室内楽クラスが開設されます。室内楽クラスはアンサンブル(弦楽又はピアノと弦のトリオ、カルテット及び木管アンサンブル)での参加並びに個人参加のいずれも可能ですが、個人参加の場合は受講希望曲と現地でのレベルルチェックの結果で編成されるアンサンブルに参加してのレッスンとなります。従って参加は、①ソロのマスタークラスのみ、②室内楽クラスのみ、③ソロと室内楽の両方、のいずれかを選んで申し込む事ができますが、③のケースはレッスン時間が重複するような場合はソロのクラスを優先させる事になります。尚、ソロクラスは担当教授の定員(原則として8名まで)に達ししだい締切られますので申込時には第2希望の教授名をお書き下さい。

レベルチェック
原則として参加を認められた場合は全員実技受講生(1クラス8名の予定)としてご希望の先生のレッスンを受けていただく事になりますが、講習会初日(8月1日)に行なわれるレヴェル・チェックで実技受講を継続するに足りうる能力を有していないと担当教授が判断した場合は、レッスン内容、回数等の変更や、稀にですが、聴講にまわされる場合もありますので予めご了承下さい。また、個人参加の方で室内楽も希望される場合はこのレヴェル・チェックで参加するアンサンブルの形態や編成メンバーが決められます。レヴェル・チェックでは、個人参加の方は任意のソナタ又は協奏曲の1つの楽章を、アンサンブルの場合は提出される受講希望曲の任意の1つの楽章を演奏する事になりますので、事前に十分練習しておいて下さい。

■音楽祭
期間中並行して行なわれる教授陣やゲスト・アーティスト、アンサンブルなどによる、カザルス音楽祭の全コンサートを無料(席数、場所は限られます)で聴く事ができます。

■終了演奏会
講習期間中の10日、11日、12日、13日の4日間に計9 回、プラード市内のサン=ピーター教会で受講生の為のコンサートが予定されており、一部の成績優秀者による修了演奏会はカザルス音楽祭のプラグラムにも組み込まれます。

■その他
●国際コンクールや音楽大学の受験を考えておられる方にはそれらの課題曲をレッスン曲として持参する事も可能です。
●希望者はアカデミーの所有する、トリオ、カルテット、クインテットなどの室内楽の楽譜を自由に借り出すことができます(使用時にIDカード提出要)。

■宿泊・食事
講習会場に近い学生寮を手配します。部屋は全て4 人部屋でシャワー・トイレは共同になります。食事は3 食とも学生寮でお摂りいただけます(到着日= 7 月31日午後、出発日= 8 月14日朝、早着並びに延泊は不可。食事は31日の夕食から14日の朝食までの全食を宿泊代に含みます)。
●ご希望の方には講習会場の学生寮ではなく、プラード市内のホテル、ペンション等(1泊朝食付7,000~16,000円位)の斡旋もいたします。〔いずれも宿泊手配料別途要〕

■講習会経費

お申込金=33,000円
(1人につき)


受講料= 470ユーロ(約6.8万円)
●トリオ以上のアンサンブルで参加の場合は、1 人につき2 0 0 ユーロ

宿泊代= 490ユーロ(全食事代も含む)(約7.1万)

●上記費用とは別に、受講手続代行料や海外送金に係る諸費用、宿泊手配料等が必要になります。詳しくは「ご案内とご注意」の講習会経費のお支払いをお読みください。

 

※合計金額=約22万円(申込金、受講料、宿泊代、各種手続き/手配料含)

■申込締切日

第1次締め切り=4月10日(月)
但し、特定の科目又は、教授のクラスはそれ以前でも定員になり次第締め切られますので、ご希望の場合は出来るだけ早めにお申し込み下さい。
第2次締め切り=6月9日(金)
定員に余裕のある教授のクラス並びに室内楽クラスの場合。


~お申込みの前に必ずお読み下さい。-ご案内とご注意~

 


■ 【オーディションコース】お申込みはこちら

 
 
 

 

 

 

 

 

 

- 01ピアノ, 03ヴァイオリン, 03オーボエ, 04ヴィオラ, 05チェロ, 06コントラバス, 08フルート, 09オーボエ, 10クラリネット, 11ファゴット, 12ホルン, フランス, 夏期国際音楽アカデミー総合コース, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

ザルツブルグ夏期国際音楽アカデミー第一報

2018年度ザルツブルグ夏期国際音楽アカデミーの開設科目・担当教授が決定致しました。

◇ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院夏期国際音楽アカデミー 【通訳可】/決定済

前期:2018年7月16日(月) ~   7月28日(土)・2週間

中期:2018年7月30日(月) ~   8月 11日(土)・2週間

後期:2018年8月13日(月) ~   8月25日(土)・2週間

詳しくはこちらへ。

★2018年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。更新されたコースから下記に掲載しておりますのでご確認下さい♪

2月開催の講習会
シャフハウゼン
ウィーン音楽マスタークラス
ウィーン音楽ゼミナール
オスナブリュック
パリ冬期

3月開催の講習会
エミール・ギレリス
キューザ・オーボエ・ファゴット
オスナブリュック
ドイツハンブルグ
ロンドンコンサート出演
ウィーン音楽マスタークラス

4月開催の講習会
オスナブリュック
パリ春期(日程調整中)
ワロニー

◆Vienna New Year’s Concert 2018◆

2018年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

大晦日の夜に「こうもり」を観て、元旦の昼間に世界屈指のコンサートホール楽友協会の大ホール黄金の間でウィーンフィルのコンサート。音楽ファンにとってウィーンで過ごす年末年始は最高の贅沢と言われています。

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。