夏期国際音楽アカデミー総合コース

参加者ボイス:ウィーン音楽ゼミナール(声楽)

2015年8月20日 更新

毎年ウィーン夏期国際音楽ゼミナールにご参加されている佐々木奈保美様からのご報告です。講習会では、ソーナ・ガザリアン先生に師事されました。


◇ウィーン音楽ゼミナール協会主催夏期国際コース/佐々木奈保美(ソプラノ)

【 講習会について 】

オーディションはありませんでした。

教授のレッスンは40分位で教授陣・参加者のコンサートの前日以外はほぼ毎日受講しました。何回かは先生のご好意で規定の時間より長くレッスンしていただきました!

レッスンのスケジュールは、初日のオリエンテーション時にガザリアン教授が、私たち受講生の都合を聞いてくださり、午前が良い?午後が良い?という感じで殆ど自然に決まりました。私は毎日朝一番の10時からのレッスン時間を希望し、受講しました。

ガザリアン先生は、大変素晴らしい先生でした。
大らかで、熱心で、明るくて、チャーミング!
レッスン中は些細な部分でも見逃さず、先生ご自身も一緒に歌ってくださり、ポイントを押さえて歌い方や声をコンスタントに出す時の言葉の発音など、日本人の苦手とすることもしっかりと教えていただきました。ガザリアン教授のクラスは合計10名受講されていました。今年で6回目の受講でしたが今回は初めて全生徒が日本人の方でした。いつもはヨーロッパやアジア圏の方がほとんどでしたのでまた新鮮な感じでした。

レッスンは毎日アットホームな雰囲気で、笑いながらの楽しい2週間でした。
伴奏兼通訳の今泉先生も大変明るく優しい方で、今回もお2人の先生には本当に良くしていただきました。

【 言葉について 】

ガザリアン先生は、ドイツ語と英語のレッスンが可能ですが、
私は通訳を頼みましたので日本語でした。意思の伝達もスムーズですしやっぱり通訳は絶対必要だと思いました。

私はドイツ語を大学在学中の2年間学習しただけで挨拶くらいなら何とかできます。でもこのような短期講習会でも語学力は絶対不可欠です。なるべる早い内に勉強をした方が良いと思います。

【 講習会場 】

ウィーン国立音楽大学のレッスン室が講習会場です。
練習室は無料で利用できますが、声楽の場合は「ない」に等しい状態でした。
ほとんどピアノの生徒さんが予約して使用しておりましたので・・・・!

練習室のピアノは全部アップライトで、室内には譜面台やエアコンがありました。
ガザリアン先生のレッスン室はグランドピアノでした。

【 滞在先について 】

滞在先は学習会に依頼して別のホテルを利用しました。
私がウィーンに滞在する時の定宿です。

立地条件ですが地下鉄・トラムの駅まで8分位。
治安は日本と同じです。
近くにスーパーや雑貨屋、郵便局、銀行、レストランなどもあります。
講習会場までの所要時間は、地下鉄と徒歩で30分くらいでした。

【 現地での生活について 】

ホテルでの滞在でしたので朝食はついていました。
昼と夜は時間のある時に食料品と一緒に買い置きしたり、後は友達と一緒にリンク内のレストランで食事をしました。

日本から梅干しやレトルトの物を持って行ってホテルで食べたりもしました。

おこずかいは、ユーロで5~6万円、日本円で5~6万円用意しました。
食料品やミネラル・ウォーター、外食など主に食費に使いました。

レッスン以外の時間は、次のレッスンで歌う曲の練習。
また、レッスン後にはお友達とリンク内に出かけて
ティータイムをしたり、お土産を買ったり、外食したりしていました。

【 旅 行 】

今年も学習会さんにお願いしましたのでアーク・スリーで手配頂きました。安心してセミナーを受講する事ができました!
大変良かったです。今回は他の参加者の方と一緒に出発しました。
昨年も学習会さんにお願いして2度程ウィーンにまいりましたので余り心配はなく、飛行機もウィーンへの直行便でしたので体調も大丈夫でした。

【 ご自身について 】

海外の講習会に参加するのは6回目です。
今回この講習会を選んだのは現役で歌っておられる先生の元でレッスンを受けたかったからです。
指導が大変分かり易くて、すぐに修正することができ、参加して良かったと思いました。

これから参加される方は、現在師事されておられる先生とご相談しながら進めて行かれてはどうかと思います。私の場合は、現在東京で月1回のレッスンを受けていますが先生が大変親身になってくださいました。そして、出発までは、体調管理は万全で、尚且つ、しっかりと曲の勉強をして行って下さい。

佐々木様
活き活きとレッスンを受講されている佐々木様の姿が目に浮かびます。今年も当会よりご参加頂きましてありがとうございました。そして、これからも挑戦を続けてくださいね。何かございましたらいつでもご相談ください。 学習会

- 02声楽, 06 参加者ボイス, オーストリア, 夏期国際音楽アカデミー総合コース, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

ザルツブルグ夏期国際音楽アカデミー第一報

2018年度ザルツブルグ夏期国際音楽アカデミーの開設科目・担当教授が決定致しました。

◇ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院夏期国際音楽アカデミー 【通訳可】/決定済

前期:2018年7月16日(月) ~   7月28日(土)・2週間

中期:2018年7月30日(月) ~   8月 11日(土)・2週間

後期:2018年8月13日(月) ~   8月25日(土)・2週間

詳しくはこちらへ。

★2018年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。更新されたコースから下記に掲載しておりますのでご確認下さい♪

2月開催の講習会
シャフハウゼン
ウィーン音楽マスタークラス
ウィーン音楽ゼミナール
オスナブリュック
パリ冬期

3月開催の講習会
エミール・ギレリス
キューザ・オーボエ・ファゴット
オスナブリュック
ドイツハンブルグ
ロンドンコンサート出演
ウィーン音楽マスタークラス

4月開催の講習会
オスナブリュック
パリ春期(日程調整中)
ワロニー

◆Vienna New Year’s Concert 2018◆

2018年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

大晦日の夜に「こうもり」を観て、元旦の昼間に世界屈指のコンサートホール楽友協会の大ホール黄金の間でウィーンフィルのコンサート。音楽ファンにとってウィーンで過ごす年末年始は最高の贅沢と言われています。

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。