夏期国際音楽セミナー特別コース

ロストック音楽大学夏期国際音楽マイスタークルゼ (ドイツ)

2018年3月2日 更新

ロストック音楽大学が実施するこの国際マスターコースは1995年に開設されたもので、以来バルチック音楽アカデミー国際協会や北ドイツ放送の後援のもとに今年度で23回目を迎えることになります。講座はロストック音楽大学の教授陣をはじめ国内外の著名な演奏家や大学教授の指導の下に1週間の集中したカリキュラムが用意されています。
 
■開講期間
8月23日(木)~8月31日(金)・9日間
 
■研修地 ロストック・ドイツ / ロストック音楽大学
北部ドイツ、ハンブルクの東約200km。バルト海に面した旧東ドイツ最大の港湾都市で、ハンザ同盟の中心地として栄えた中世の町。ハンブルクよりシュトラルスンド(Stralsund)行きの急行列車で約1時間50分。
 
■開設科目と担当予定教授
■ピアノ
Maria João Pires / マリア・ジョアン・ピリス
ポルトガルのリスボン生まれ。ソリストとして演奏家として世界の檜舞台で活躍。室内楽奏者としても活躍した。Lilit Grigoryan / リリット・グリゴリアン
アルメニア出身の女流ピアニスト。ロストック音楽大学でキルシュネライトに師事。演奏家としてソロ、室内楽の両面で活躍中。

●2人で一つのクラスを受け持ちます。講座はピアノ・デュオ(2台及び4手)に重点を置きますので、オーケストラとのコンチェルトはありません。個人参加も可。
●講習期間:8月25日~8月30日・6日間

■声 楽
Sibylla Rubens / シビラ・ルーベンス
ドイツのソプラノ歌手。マティスやゲージに師事し、オラトリオやドイツ歌曲を中心にコンサート歌手として活発な演奏活動を展開中。

Jan-Hendrik Rootering / ヤン=ヘンドリック・ローテリンク
ドイツのバス・バリトン歌手。ハンブルク音楽大学で学び、ワーグナーやR.シュトラウスを主レパートリーに世界の歌劇場で活躍。

■ヴァイオリン
Mark Gothoni / マーク・ゴトーニ
フィンランド生まれ。シベリウス・アカデミーで学んだ後、ミュンヘンでキュマチェンコに師事。ベルリン芸術大学教授。モーツァルト・ピアノ四重奏団Vn奏者。

■コントラバス
Frank Thoenes / フランク・テーネス
ドイツのCb奏者。ハイスターやグットラーに師事。北ドイツ・フィル首席奏者。ロストック音楽大学教授も務めた。

■オーボエ
Jean-Louis Capezzali / ジャン=ルイ・カペッツァーリ
フランスのOb奏者。パリ国立音楽院教授を経て、現在ローザンヌ音楽院教授。演奏家としてもソリスト、室内楽奏者として活躍中。

Gregor Witt / グレゴール・ヴィト
ドイツのドレスデン生まれ。ベルリンでアルブレヒトに師事。ロストック音楽大学教授。シュターツカペレ・ベルリン首席奏者も務めている。
●2人で一つのクラスを受け持ちます。

■クラリネット
Matthias Schorn / マティアス・ショルン
ザルツブルグ生まれ。モーツァルテウム音楽大学でブラントホーファーーに師事。ウィーン・フィル首席奏者。ウィーン音楽院教授。

■トランペット
Pacho Flores / パーチョ・フローレス
ヴェネズエラ出身のTp奏者。フランスで名Tp奏者、エリック・オビエの指導を受け、ソリストとして著名な指揮者やオーケストラとの協演も多い。

<各科目の協奏曲リスト>

声楽:ご希望の方は別途お問い合わせ下さい。

ヴァイオリン:
モーツァルト(KV.218,219)、ベートーヴェン、ブラームス、シベリウス、ベルク

コントラバス
ヴァンハル、ボッテジーニ(第2番)、クーセヴィツキー

オーボエ
モーツァルト、R.シュトラウス

クラリネット
ウェーバー(第1番、小協奏曲)、メンデルスゾーン(協奏的小品第2番)、バッシ(歌劇「リゴレット」の主題による演奏会用幻想曲)

トランペット
フンメル、ハイドン、ヘンデル(組曲ニ長調)、テレマン(第1番)、モーツァルト、アルチュニアン、パーセル(ソナタ)、トマジ、ネルーダ

■宿泊・食事
当会で通学に便利な市内のユースホステル、ペンション、ホテルなどを斡旋します。費用は1泊朝食付きで1人部屋で50-100ユーロ、2人部屋で30-70ユーロ位です。

■協奏曲
ご希望の方には担当教授の推薦を受けられれば、マルクス・ボッシュ指揮の北ドイツ・フィルハーモニーとのコンチェルトのワークショップにも参加できます。ご希望の場合は別記の課題曲少なくとも1曲を選んでお申込時に提出して下さい。


■その他
期間中毎日行われる指導教授やゲスト・アーティストによる演奏会もすべて無料で聴くことができます。また、受講生によるコンサートも期間中随時開催されます。
 
■申込金=33,000円 / 受講料=320ユーロ (約45,000円) ・ 聴講料:110ユーロ (約15,500円)
 
●上記費用とは別に、受講手続き代行料や海外送金に係る諸費用、宿泊手配料等が必要になります。詳しくは「ご案内とご注意」の講習会経費のお支払をお読みください。 
■申込締切
5月25日(金)


■提出書類
①申込書、②音楽歴、③受講希望曲


~お申込みの前に必ずお読み下さい。-ご案内とご注意~

■ 【オーディションコース】お申込みはこちら


- 01ピアノ, 02声楽, 03ヴァイオリン, 04ヴィオラ, 05チェロ, 08フルート, 12ホルン, 13トランペット, ドイツ, 夏期国際音楽セミナー特別コース

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2019年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。『ヨーロッパで学ぶ』⇒『春期開講国際コース/通年コース』よりご確認下さい♪

1月開催の講習会
♪キューザ・オーボエ&ファゴット
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

2月開催の講習会
ウィーン音楽ゼミナール
2019年詳細決定
♪ウィーン音楽マスタークラス
2019年詳細決定
♪パリ冬期
日程のみ決定:
2/23(土)~3/2(土)
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

3月開催の講習会
♪ドイツ ハンブルグ
2019年詳細決定
オスナブリュック
2019年詳細決定

4月開催の講習会
♪パリ イースター
日程のみ決定:
4/20(土)~27日(土)
♪ワロニー
詳細未定

◆Vienna New Year’s Concert 2019◆

2019年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

ウィーンで過ごす年末年始は、音楽を愛する人にとって最高の贅沢と言われています。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに初登場するドイツ正統派の実力者、クリスティアン・ティーレマンの指揮で聴く、軽快で愉悦感あふれるワルツやポルカと年末年始恒例のウィーン国立歌劇場の「こうもり」を中心に、ホフブルクでの年越しの大舞踏会「ル・グラン・バル」とスペイン乗馬学校の年末恒例の華麗なガラ公演を組み合わせた全6コースでご案内します。

ニューイヤーコンサートの詳細につきましてはこちらをご確認ください♬

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。