夏期国際音楽セミナー特別コース

アレグロヴィーヴォ国際フェスティヴァル・サマーアカデミー(オーストリア)

2019年2月6日 更新

ウィーンの北西ニーダーエステライヒ州のホルンを中心とする近郊各地で行なわれる「Allegro Vivo」と呼ばれる国際音楽フェスティヴァルの一環として開催されるサマーアカデミーで、ウィーン国立音楽大学、ウィーン音楽院をはじめ、音楽祭に参加する演奏家によって講師陣が構成されています。

■開講期間
期=8月 3日(土)~8月 9日(金)・7日間
2期=8月10日(土)~8月16日(金)・7日間
3期=8月17日(土)~8月23日(金)・7日間
4期=8月24日(土)~8月31日(土)・8日間
●各会期の継続受講も可能です。

■研修地 ホルン・オーストリア
ウィーンの北西約80kmにあるルネッサンス期の小さな町。ウィーンのフランツ・ヨーゼフ駅よりプラハ行き、又は国境の町グミュント(Gumund)行の列車で約2時間30分。各コース到着日と出発日には受講生のためにウィーンホルン間の送迎バスが運行されます。

●ウィーン出発:8月3日、10日、17日、24日の午後3時
●ホルン出発 :8月10日、17日、24日、9月1日の午前10時
(片道20ユーロの利用料金が別途必要です

■開設科目と担当予定教授
ピアノ
Péter Nagy / ペーテル・ナジ(1期)
ブダペスト・リスト音楽大学、シュトゥットガルト音楽大学教授。

Peter Ovtcharov / ピョートル・オフチャロフ(1期・2期)
ロシアのサンクトペテルブルグ生まれ。ソウル延世大学教授。演奏家としても活躍。

Elisabeth Leonskaja / エリーザベト・レオンスカヤ(2期)
現代を代表する女流ピアニストの一人。ウィーンを本拠に演奏家として活躍中。

Sara Bryans / サラ・ブライアンズ(2期・3期)
アイルランド出身の女流ピアニスト。ウィーン国立音楽大学講師。

Elisabeth Eschwé / エリーザベト・エシュヴェ(2期・3期)
ウィーン生まれの女流ピアニスト。ソロ並びに室内楽奏者として活躍中。

Jura Margulis / ユラ・マルグリス(2期)
ウィーン音楽院教授。フライブルク国際ピアノアカデミー音楽監督。

Björn Lehmann / ビョルン・レーマン(3期)
ドイツのケルン生まれ。演奏家としてヨーロッパを中心に活躍。ベルリン芸術大学教授。

Roland Batik / ローラント・バティック(4期)
ウィーン生まれのピアニスト、作曲家。グルダに師事し幅広い演奏活動を展開した。

Jan Jiracek von Arnim / ヤン・イラーチェク・フォン・アルニン(4期)
ウィーン国立音楽大学教授。ウィーン国際ベートーヴェンコンクール音楽監督。

Stanislaw Tichonow / スタニスラフ・ティホノフ(4期)
ロシア出身のピアニスト。モスクワ音楽院を経て、現在ハイドン音楽院教授。

声楽
Malin Hartelius / マリン・ハルテリウス(1期)
スウェーデンのソプラノ歌手。モーツァルト歌手としてオペラ、コンサートに活躍。

Claudia Visca / クラウディア・ヴィスカ(3期)
アメリカ出身のソプラノ歌手。オペラ歌手として活躍。ウィーン国立音楽大学教授。

Wolfgang Bankl / ヴォルフガング・バンクル(4期)
ウィーン生まれのバス歌手。ウィーン国立歌劇場を主舞台にオペラ歌手として活躍。

リート
Peter Edelmann / ペーター・エーデルマン(2期)
ウィーン生まれのバリトン歌手。オペラ、コンサートに活躍。ウィーン国立音楽大学教授。
Markus Hadulla / マルクス・ハドゥラ(2期)
ケルン生まれのピアニスト。ウィーン国立音楽大学リート科、声楽伴奏科教授。
●2人で1つのクラスを受け持ちます。歌手とピアニストのデュオでの参加又は個人参加のいずれも可能です。

ヴァイオリン
Tania Becker-Bender / ターニャ・ベッカー=ベンダー(1期)
ドイツの女流Vn奏者。ソリストとして活発な演奏活動を展開。ハンブルク音楽大学教授。

Vahid Khadem-Missagh / ヴァヒド・カデム=ミサーク(1期)
ウィーンでクシュニールやキュッヒルに師事。アレグロ・ヴィーヴォ芸術監督。

Christian Ostertag / クリスティアン・オスターターク(1期)
カールスルーエ音楽大学教授。南西ドイツ放送響コンサートマスター。

Réka Szilvay / レカ・シルヴァイ(1期)
フィンランドの女流Vn奏者。ソロ、室内楽の両面で活躍。シベリウス・アカデミー教授。

Sophia Jaffé / ソフィア・ヤッフェ(2期)
ベルリン生まれの女流Vn奏者。クレーッバースに師事。フランクフルト音楽大学教授。

Andreas Janke / アンドレアス・ヤンケ(2期)
ミュンヘン生まれ。チューリッヒ音楽大学教授。トーンハレ管コンサートマスター。

Alissa Margulis / アリッサ・マルグリス(2期)
フライブルク生まれの女流Vn奏者。ブリュッセル王立音楽院教授。

Sabine Nova / ザビーネ・ノヴァ(2期)
オーストリアの女流Vn奏者。ブルックナー音楽院教授。クロスノヴァ合奏団創設者。

Arkadij Winokurow / アルカディ・ウィノクロフ(2期)
ウクライナ出身のVn奏者。ブルックナー音楽院教授。演奏家としても活躍。

Christian Altenburger / クリスティアン・アルテンブルガー(3期)
ウィーン生まれのVn奏者。ジュリアードでディレイに師事。ウィーン国立音楽大学教授。

Klara Flieder / クララ・フリーダー(3期)
ウィーン生まれの女流Vn奏者。ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学教授。

Bijan Khadem-Missagh / ビジャン・カデム=ミサーク(3期)
エジプト生まれのVn奏者。アレグロ・ヴィーヴォ・アカデミー創設者。

Thomas Fheodoroff / トーマス・フェオドロフ(4期)
ウィーン国立音楽大学教授。ウィーン・アカデミー管弦楽団コンサートマスター。

John Holloway / ジョン・ホロウェイ(4期)
イギリスのバロック・ヴァイオリン奏者。指揮者としても活躍。

ヴィオラ
Veit Hertenstein / ヴァイト・ヘルテンシュタイン(1期)
ドイツのVa奏者。デトモルト音楽大学教授。バーゼル交響楽団首席奏者。
●Peijun Xu(シュー・ペイジュン:ケルン音楽大学教授)との共同クラス。

Roland Glassl / ローラント・グラッスル(2期)
ミュンヘン音楽大学教授。マンデルリンク弦楽四重奏団Va奏者。

Thomas Selditz / トーマス・ゼルディッツ (3期)
ベルリン生まれ。ウィーン国立音楽大学教授。ベルリン国立歌劇場管首席奏者。

Hariolf Schlichtig / ハリオルフ・シュリヒティヒ(4期)
ミュンヘン音楽大学教授。カペラ・アンドレア・ヴァルカ首席奏者。

チェロ
Florian Eggner / フローリアン・エックナー(1期・2期)
リンツ生まれのVc奏者。ウィーン・チェロアンサンブルやエックナー・トリオで活躍。

Gregor Horsch / グレゴール・ホルシュ(1期)
ドイツのVc奏者。デュッセルドルフ音楽大学教授。コンセルトヘボー管ソロ奏者。

Josef Luitz / ヨーゼフ・ルイッツ(1期)
ウィーン生まれ。トンキュンストラー管ソロVa奏者。ウィーン音楽院名誉教授。

Wen-Sinn Yang / ウェン=シン・ヤン(2期)
スイス出身の台湾系Vc奏者。ミュンヘン音楽大学教授。バイエルン放響首席奏者。

Patrick Demenga / パトリック・デメンガ(3期)
スイスのVc奏者。ペルガメンシコフとシャピロに師事。ローザンヌ音楽院教授。

László Fenyö / ラースロー・フェニェー(3期)
ハンガリーのVc奏者。カールスルーエ音楽大学教授。元フランクフルト放響首席奏者。

Troels Svane / トロエルス・スヴァーネ(3期)
デンマーク出身のVc奏者。リューベック音楽大学、ハンス・アイスラー音楽大学教授。

Maria Grün / マリア・グリュン(4期)
オーストリアの女流Vc奏者。ウィーン放送響首席奏者。ウィーン国立音楽大学講師。

Marko Ylönen / マルコ・ユロネン(4期)
フィンランドのVc奏者。ラウタサロ、シフらに師事。シベリウス・アカデミー教授。

フルート
Sonja Korak / ソーニャ・コラーク(1期)
オーストリアの女流Fl奏者。ウィーン国立音楽大学講師。演奏家としても活躍。

Wally Hase / ヴァリー・ハーゼ(2期)
ドイツの女流Fl奏者。ウィーン国立音楽大学教授。クラクフ音楽大学客員教授。

Barbara Gisler-Haase / バーバラ・ギーズラー・ハーゼ(3期)
ウィーン生まれの女流Fl奏者。ウィーン国立音楽大学教授。演奏家としても活躍した。

Fereshteh Rahbari / フェレシュテフ・ラハバリ. (4期)
テヘラン生まれの女流Fl奏者。ウィーン国立音楽大学教授。教育者としての評価も高い。

クラリネット
Christoph Zimper /クリストフ・ジンパー(2期)
ウィーン国立音楽大学教授。ザルツブルグ・モーツァルテウム管ソロFl奏者。

Johann Hindler / ヨハン・ヒンドラー(4期)
オーストリアのCl奏者。ウィーン国立音楽大学教授。ウィーン・フィルハーモニー奏者。

■宿泊・食事
1期、2期は、ホテル・ブリエ、3期、4期はクンストハウスの宿泊施設(いずれも2人部屋でシャワー、トイレ付)を斡旋します。利用料金は毎朝食付きで、ホテル・ブリエが各会期分(1期、2期とも7泊)で294ユーロ。クンストハウスは3期(7泊)が259ユーロ、4期(8泊)が296ユーロです。各会期とも現地到着日は講習開始日の午後、出発日は講習会終了日の翌日の午前になります。

 
■その他
期間中に開催されるフェスティヴァルのコンサートをすべて無料で聴き事が出来ます。
 
■講習会経費
 
申込金=38,000円
受講料=435ユーロ (ピアノの方は455ユーロ)
●聴講または同行の方は100ユーロ
●上記料金はいずれも1会期のものです。
 
■申込締切日
6月15日(土)


 

■提出書類
①申込書 ②受講希望曲 ③室内楽受講の有無 ④送迎バス利用の有無


 

お申込みの前に必ずお読みください。

 

■ 【オーディションコース】お申込みはこちら

 

- 01ピアノ, 03ヴァイオリン, 04ヴィオラ, 05チェロ, 06コントラバス, 08フルート, 10クラリネット, オーストリア, 夏期国際音楽セミナー特別コース

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ