夏期国際音楽セミナー特別コース

パリ夏期国際音楽アカデミー【通訳・同行可】(フランス)

2017年5月1日 更新

この音楽アカデミーは、ナンシーでの音楽祭と夏期講習会を主催するロレーヌ音楽協会が2008年にパリに開設したもので今年度で第10回になります。講座はナンシー同様ユゲ・ルクレール教授が音楽監督を務め、フランスの各地の音楽大学教授で講師陣を編成し、10日間の集中して密度の高いレッスンを実施します。ご希望の方にはレッスン時の通訳、初日の登録手続同行・会期中を通してのサポートの斡旋をいたしますのでご相談下さい。【別途費用要】


■開講期間
2017年8 月24日( 木)~ 9 月2日( 土)・1 0 日間


■研修地 ヴァンセンヌ ・ パリ / ヴァンセンヌ音楽院
パリ南東部12区に隣接するヴァンセンヌの森の北側に位置するヴァル=ド=マルヌ県の1コミューン。 パリの中心部からから東へ約10km、地下鉄1号線のシャトー・ド・ヴァンセンヌ駅からは徒歩約8分、RERのヴァンセンヌ駅からは徒歩約10分です。

■開設科目と担当予定教授

■ピアノ
Pascal Godart ● パスカル・ゴダール
フランスのピアニスト。パリ国立音楽院でアントルモンとロリオに師事し、ソロ、室内楽の両面で活躍中。ローザンヌ音楽院教授。

Michaël Guido / ミヒャエル・グイド
フランスのピアニスト。パリ国立音楽院でピアノとピアノ伴奏法、室内楽を学んだ後、リート伴奏をハルトムート・ヘルの下で学んだ。ヴェルサイユ地方音楽院教授。

Hugues Leclere ● ユゲ・ルクレール
フランス生まれ。パリ国立音楽院で学び。演奏家として活躍。ラヴェル、ドビュッシー、フランス近現代の解釈には定評がある。パリ地方音楽院教授。ナンシー音楽祭芸術監督。

Marie-Paule Siruguet ● マリ=ポール・ジリューゲ
フランスの女流ピアニスト。パリ国立音楽院で学んだ後、バドゥラ=スコダ、くるちょ、セベックらの下で研鑽を積んだ。ブーローニュ地方音楽院教授。

■チェンバロ
Noëlle Spieth / ノエル・スピート
フランスの女流チェンバロ奏者。パリ国立音楽院とジュネーヴ音楽院で学んだ後、ドレフュス、ギルバート、レオンハルトらの薫陶を受けた。パリ地方音楽院教授。

■ 声 楽
Sophie Hervé ● ゾフィー・エルヴェ
フランスのソプラノ歌手。パリ国立音楽院で学び、オペラ、オペレッタ、オラトリオから歌曲、ジャズまで広いレパートリーで活躍。パリ8区、18区音楽院教授。

Daniel Ottevaere ● ダニエル・オットヴェール
ブリュッセル生まれのバス歌手。パリ・オペラ座を始めヨーロッパの主要な歌劇場で活躍。する傍ら、パリ・エコール・ノルマル音楽院でも教えている。

Mary Saint-Palais ● マリー・サン=パレー
フランスのソプラノ歌手。パリ国立音楽院で学んだ後、レザール・フロリサンのソリストとして活躍。リュエイユ=マルメゾン地方音楽院教授。

■ ヴァイオリン
Alexis Galpérine ● アレクシス・ギャルペリーヌ
パリ国立音楽院で学んだ後、ジュリアード音楽院でガラミアンとシェリングに師事し、ソリスト、室内楽奏者として活発な演奏活動を展開した。パリ国立音楽院教授。

■ ヴィオラ
Louis Fima ● ルイ・フィーマ(27日~29日、30日~1日)
パリ国立音楽院で学んだ後、パイヤール室内管やラズモフスキー弦楽四重奏団で活躍した。パリ地方音楽院教授。パリ・プロ・カルテットVa奏者。

Anne-Geneviève Lemarchand / アンヌ=ジュヌヴィエーヴ・ルマルシャン
フランスの女流Va奏者。ブリュッセル王立音楽院でシッファーに師事した後、ジュランナ、バシュメットらの下で研鑽を積んだ。グルノーブル地方音楽院教授。

■ フルート
Gaspar Hoyos / ガスパール・ホヨス
南米コロンビア出身のFl奏者。ボストンでロビンソンに、パリでギオーに師事し、ソロ、室内楽、オーケストラと広いレパートリーで活躍。ナンシー歌劇場管首席奏者。

■レッスン
担当教授別で1回50~60分位の個人レッスンが期間中平均3~5回予定されています。レッスン日時は講習会初日の顔合わせの際に担当教授が決定します。 修了演奏会については各クラスの担当教授の判断により実施が決定されます。
■追加コース費用
①コンクール準備講座:40ユーロ
②ヴィデオ・トレーニング:40ユーロ
ご希望の方は4ギガ以上のSDカードを事前にご用意ください。
③ピアノとオペラ、歌曲のワークショップ:初級者 140ユーロ、上級者 395ユーロ
④追加伴奏費用:1回につき30ユーロ

■通訳

ご希望の方には講習会初日の登録手続きの同行などを含めた会期中の全サポート、レッスンの日本語通訳を斡旋いたしますので申込時にお申し出下さい。サポート費用、通訳代のお支払いは現地で現金でお支払いいただくことになります。

・講習会期間中の全サポート:150ユーロ(当日現金でお支払下さい)
会場へ同行し、初日の登録手続き、練習室の予約、レッスンの割り振りを手伝います。また会期を通して音楽院の事務局または担当教授とコンタクトを取り、生活面など講習会以外も含めて質問がある場合にも期間中サポートを致します。

・レッスン時の通訳
1.あくまでレッスン時のみの通訳になります。
2.料金は1レッスン60ユーロ(交通費込み)です。レッスン時間が1時間を超える場合は15分毎に10ユーロ追加料金になります。(拘束時間は含みません)
3.費用は最終レッスン終了時に一括で通訳者にお支払下さい。最終回にはレッスン代相当のユーロの現金を必ずお釣りがないよう準備していって下さい。
4.通訳者の声が聞き取りにくい、意味が分かりにくい場合は通訳者に直接伝えて下さい。帰国後に、現地でお支払いになった通訳代の返金に関するご相談があっても学習会では一切責任を負えませんので予めご了承下さい。
5.会期中は同じ通訳者が担当できるよう配慮いたしますが、他のクラスの参加者とレッスン時間が重なってしまった場合など変更になる場合もございます。予めご了承下さい。

■練習室
期間中の8日間、1室2名の利用で1日5時間のピアノ付き練習室の割り当てがあります。ピアノ、チェンバロの方は受講料に含みますが、それ以外の方で上記のピアノ付きの練習室をご希望の方は100ユーロの使用料が必要です。

■宿泊・食事
講習会場への通学に便利なヴァンセンヌの3つ星ホテル、又は地下鉄1号線上にあるパリ市内の4つ星ホテルを斡旋します。料金はいずれも一泊朝食付きで9,000~15,000円位です。

■参加費用
申込金=33,000円


受講料:
ピアノ・チェンバロ:850ユーロ(聴講料:190ユーロ)
声楽、ヴァイオリン、ヴィオラ、フルート:750ユーロ(聴講料:190ユーロ)

■申込締切
7月5日(水)


■提出書類
①申込書
②受講希望曲
③宿泊希望タイプ
④練習室のご希望有無(ピアノ以外の方)
⑤希望追加クラス(もしあれば)


~お申込みの前に必ずお読み下さい。-ご案内とご注意~

■ 【オーディションコース】お申込みはこちら

- 01ピアノ, 02声楽, 03ヴァイオリン, 04ヴィオラ, 05チェロ, フランス, 夏期国際音楽セミナー特別コース, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

◆Vienna New Year’s Concert 2018◆

2018年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

大晦日の夜に「こうもり」を観て、元旦の昼間に世界屈指のコンサートホール楽友協会の大ホール黄金の間でウィーンフィルのコンサート。音楽ファンにとってウィーンで過ごす年末年始は最高の贅沢と言われています。

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。