夏期国際音楽セミナー特別コース

プロヴァンス夏期国際音楽アカデミー(フランス)

2017年3月24日 更新

この夏期国際音楽アカデミーは、開設当初はピアノのみの単科講習会でしたが2010年より現在の弦楽器と管楽器を加えた総合講習会として、南仏プロヴァンスの名門音楽大学ダリウス・ミヨー音楽院で開催されるもので、パリ国立音楽院をはじめフランス各地の音楽大学教授で講師陣が編成されています。

■開講期間
前期:7月31日(月)~8月 6日(日)・7日間

後期:8月 7日(月)~8月13日(日)・7日間

■研修地 エクス・アン・プロヴァンス・フランス / ダリウス・ミヨー音楽院
南フランス、プロヴァンス地方の古都。18世紀の町並みが保存された芸術の町で世界遺産にも指定されている。セザンヌの生地として知られ、この町の音楽科としてはダリウス・ミヨーが挙げられる。マルセイユから列車で約40分。

■開設科目と担当予定教授

<前期開設科目と担当教授>
■ピアノ
Frédéric Aguessy ● フレデリク・アゲシー
フランスのパリ生まれ。1979年のロン=ティボー優勝者。ルーアン地方音楽院教授。

Christine Généraux ● クリスティーヌ・ジェネロー
フランスの女流ピアニスト。エコール・ノルマルでムニエに師事。マルセイユ地方音楽院教授

Konstantin Lifschitz ● コンスタンチン・リフシッツ(3日~8日)
ウクライナ出身のコンサート・ピアニスト。ソロ、室内楽の両面で活発な演奏活動を展開中。

Theodore Paraschivesco ● テオドール・パラスキヴェスコ
ルーマニア出身のピアニスト。パリ国立音楽院、パリ・スコラ・カントロム教授。

Carlos Roque Alsina ● カルロス・ロケ・アルシナ
アルゼンチン出身のピアニスト、作曲家。ベルリンでベリオに師事。リヨン国立音楽院教授。

Carine Zarifian ● カリーヌ・サリフィアン
マルセイユ生まれの女流ピアニスト。バルビエに師事。モーリス・ラヴェル音楽院教授。

■声 楽
Sophie Fournier ● ソフィー・フルニエ
フランスのメゾ・ソプラノ歌手。パリ国立音楽院でクレスパンに師事し、オペラ歌手として活躍。

■ハープ
Nora Lamoureux ● ノラ・ラムルー
フランスの女流ハープ奏者。リヨン国立音楽院でピエールに師事。ダリウス・ミヨー音楽院教授。

Fabrice Pierre ● ファブリス・ピエール
フランスのハープ奏者、指揮者。リヨン国立音楽院教授。演奏家としても国際的に活躍。

■フルート
Gilles Cottin ● ジル・コッタン
フランスのナント生まれ。パリ国立音楽院でマリオンに師事。リヨン国立オペラ座管首席奏者。

<後期開設科目と担当教授>
■ピアノ
Jean-Luc André ● ジャン=リュク・アンドレ
アヴィニョン生まれ。パリ国立音楽院でダルレとデカーヴに師事。オリヴィエ・メシアン音楽院教授。

Cécile Hugonnard-Roche ● セシール・ユゴナール=ロシェ
フランスの女流ピアニスト。パリ国立音楽院教授。

Jean-Marc Luisada ● ジャン=マルク・ルイサダ
パリ国立音楽院でメルレに師事し、活発な演奏活動を展開中。エコール・ノルマル音楽院教授。

Jacques Rouvier ● ジャック・ルヴィエ
パリ国立音楽院でペルルミュテールとサンカンに師事。モーツァルテウム音楽大学教授。

David Saudubray ● ダヴィド・ソーデュブライ
パリ国立音楽院でアンゲレルとエマールに師事し演奏家として活躍。パリ地方音楽院教授。

Daniel Wayenberg ● ダニエル・ワイエンベルク
20世紀後半を代表するオランダの名ピアニスト。パリでロンに師事し世界の檜舞台で活躍した。

■声 楽
Sophie Fournier ● ソフィー・フルニエ
フランスのメゾ・ソプラノ歌手。パリ国立音楽院でクレスパンに師事し、オペラ歌手として活躍。

■ヴァイオリン
Marie-Laurence Rocca ● マリー=ローランス・ロッカ
フランスの女流Vn奏者。モンペリエ地方音楽院、ダリウス・ミヨー音楽院教授。

■チェロ
Frédéric Lagarde ● フレデリック・ラガルド
フランスのカンヌ生まれ。パリ国立音楽院でピドーに師事。パリ・オペラ座管首席奏者。

■コントラバス
Thierry Barbé ● ティエリー・バルベ
フランスのCb奏者。作曲家。パリ国立音楽院教授。パリ・オペラ座管首席奏者。

■ホルン
Julien Desplanque ● ジュリアン・デプランケ
フランスのHrn奏者。パリ国立音楽院でカザレに師事。マルセイユ・オペラ座管弦楽団首席奏者。

■オーボエ
Jérôme Guichard ● ジェローム・ギシャール
フランスのナンシー生まれ。リヨン国立音楽院教授。リヨン国立管首席Ob奏者。

■講習内容
各科目とも担当教授別のクラス編成(1クラス10~15名前後)による個人レッスンで、レッスン回数、時間は受講生のレヴェルや担当教授の判断により多少の違いはありますが、1回35-45分のレッスンを期間中4~5回受けられます。

■宿泊・食事
講習会場近辺(5~10分位)のホテルを斡旋します。費用は1泊朝食付きで、3ッ星クラスで約70~100ユーロ、2ツ星クラスで約50~80ユーロ位です。

■その他
アカデミーと並行して開催される、プロヴァンス音楽祭(8月1日~12日)のコンサートをすべて無料で聴くことができるほか、受講生によるコンサートモ随時開催されます。また、講習会終了日には成績優秀者による修了演奏会再開も予定されています

■参加費用
申込金=33,000円
講習会経費=470ユーロ (2人の教授を受講の場合:910ユーロ /3人の教授を受講の場合:1350ユーロ)

●上記費用とは別に、受講手続き代行料や海外送金に係る諸費用、宿泊手配料等が必要になります。詳しくは「ご案内とご注意」の講習会経費のお支払をお読みください。

■申込締切
6月23日(金)


 

~お申込みの前に必ずお読み下さい。-ご案内とご注意~

■ 【オーディションコース】お申込みはこちら

- 01ピアノ, 03ヴァイオリン, 03オーボエ, 04ヴィオラ, 05チェロ, 08フルート, 09オーボエ, 10クラリネット, 12ホルン, フランス, 夏期国際音楽セミナー特別コース, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

ザルツブルグ夏期国際音楽アカデミー第一報

2018年度ザルツブルグ夏期国際音楽アカデミーの開設科目・担当教授が決定致しました。

◇ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院夏期国際音楽アカデミー 【通訳可】/決定済

前期:2018年7月16日(月) ~   7月28日(土)・2週間

中期:2018年7月30日(月) ~   8月 11日(土)・2週間

後期:2018年8月13日(月) ~   8月25日(土)・2週間

詳しくはこちらへ。

★2018年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。更新されたコースから下記に掲載しておりますのでご確認下さい♪

2月開催の講習会
シャフハウゼン
ウィーン音楽マスタークラス
ウィーン音楽ゼミナール
オスナブリュック
パリ冬期

3月開催の講習会
エミール・ギレリス
キューザ・オーボエ・ファゴット
オスナブリュック
ドイツハンブルグ
ロンドンコンサート出演
ウィーン音楽マスタークラス

4月開催の講習会
オスナブリュック
パリ春期(日程調整中)
ワロニー

◆Vienna New Year’s Concert 2018◆

2018年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

大晦日の夜に「こうもり」を観て、元旦の昼間に世界屈指のコンサートホール楽友協会の大ホール黄金の間でウィーンフィルのコンサート。音楽ファンにとってウィーンで過ごす年末年始は最高の贅沢と言われています。

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。