インターナショナルオーディションコース

モーリス・ラヴェル国際音楽アカデミー

2016年3月16日 更新



モーリス・ラヴェル国際音楽アカデミーは、ラヴェルの作品並びにラヴェルと同時代の近代フランス人作曲家の作品に対する理解を深めるために、フランス文化省、文部省を始めとする関係各団体の援助のもとに、1967年の開設以来50年余りにわたり毎年開催されているもので、事前の録音・録画によるオーディションでの合格者のみ(ソロクラス各12名とアンサンブル12組)に対して受講資格が与えられます。

 
■開催期間
2016年 8月29日(月)~ 9月10日(土)・ 2週間

8月28日の午前9時~午後8 時の間に現地に到着し登録手続き(但し、午後6時30分より翌日の案内があります)。レッスンは8月29日より9月10日まで公開で土日を除く毎日午前9 時30分~12時、午後2時~7時の間、オーディトリアム・ラヴェルで行なわれます。また、10日には修了演奏会、3日~10日は受講生による演奏会、5 日には教授陣による演奏会も予定されています。

 ■開講地サン・ジャン・ド・リュズ (フランス)

ボルドーの南東200㎞、スペイン国境バスク地方の海岸沿いの小さな町で、ラヴェルの生地シブール(Ciboure) に隣接している。列車の場合は、パリ・モンパルナス駅よりTGVで約5時間20分。航空機の場合はフランス国内航空で最寄りの都市ビアリッツへ1時間10分。ここから列車で15分。

■開設科目
ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、室内楽

 
■担当教授
◆ピアノ : Jean-Claude Pennetier / ジャン=クロード・ペヌティエ
(コンサート・ピアニスト)
 
◆ヴァイオリン : Stéphanie-Marie Degand / ステファニー=マリー・ドゥガン(パリ国立音楽院教授)
 
◆ヴィオラ: Gérard Caussé / ジェラール・コセ(パリ国立音楽院教授)

◆チェロ : Gary Hoffman/ ゲイリー・ホフマン(ブリュッセル・エリーザベト王妃音楽院教授)
 
◆室内楽:Bernhard Schmidt / ベルンハルト・シュミット(ニュルンベルク音楽大学教授)

受講曲
ソロ、室内楽とも曲目・曲数等の細かな指定は特にありませんが、各科目とも以下の①,②,③の条件を満たす曲をそれぞれ、1曲又はそれ以上含めて少なくとも50~60分以上になるようなプログラムを提出して下さい。 古典から20世紀までのフランス人作曲家の作品。但し各科目とも以下の条件に見合うフランス・ロマン派の作品を必ず1曲又はそれ以上含めること。


 

◆ピアノ:サン=サーンス:6つの練習曲第1集、第2集、ピエルネ:3つの小品 Op. 40、フォーレ:前奏曲集Op.103、セヴラック:セルダーニャ、メル・ボニ:舟歌Op. 71、シャブリエ:絵画的小曲集、シュミット:ロマンティックな小品、サマズイユ:夜のナーイアス

◆ヴァイオリン:
デュヴェルノワ:ソナタ第2番、サマズイユ:ソナタ、アーン:ソナタ、ゴダール:ソナタ第3番、ロマンティック協奏曲、デュボワ:協奏曲

◆ヴィオラ:
シュヴィヤール:4つの小品、マルトー:シャコンヌ、ヴィエルヌ:2つの小品、ジャック・マザス:Elégie Op.73、アベル・フレウリ:Fantaisie Op.18、ジョルジュ・ユー:Thème varié

◆チェロ:
ヴィドール:協
奏曲、デュボワ:Fantaisie-stück、ボエルマン:交響楽団変奏曲、ロパルツ:ソナタ第2番、ラロ、ヴィエルネ:ソナタOp.27、ゴダール:ソナタOp.104

アンサンブル(弦楽又はピアノと弦のトリオ、カルテット、クインテット)での参加をご希望の場合、指定曲は別途お問い合せ下さい。

1950年以降に作曲された作品:フランス人作曲家には限りませんが、できればGilbert Amyの作品を1曲含めて下さい(ピアノ:ObliqueⅠ、Ⅱ、Ⅲヴァオリン:Adagio、ヴィオラ:D’Ombre et lumiére、チェロ:Ein…Es Praeludium、室内楽:  弦楽四重奏曲第3番) ①、②以外の任意曲



■表彰
アカデミーの全期間を受講された方で成績優秀者は、アカデミー・ラヴェル賞やシブール市賞をはじめ全7種の表彰制度が設けられており、それぞれ800~2,000ユーロの奨学金が授与される他、パリをはじめフランス各地でのコンサートの機会も提供されます。
 

■宿泊・食事
期間中の宿泊はアカデミーが用意する学生用フラットを利用します。料金は2人部屋で390ユーロ(個室希望の場合は80ユーロの料金追加。但し数に限りがありますので先着順になります)です。食事は費用に含まれませんので全て自己負担になりますが、フラットにはキッチンが備わっていますから簡単な自炊も可能です。また昼食は市役所のカフェで1食5ユーロ(約700円)でお摂りいただけます。また滞在中にはアカデミーの主催で、8月28日にはオープニングセレモニーと歓迎夕食会、期間中には海岸へのピクニックや、シブール市役所でのビュッフェ・ディナー、最終日には終了式に引き続きお別れの夕食会なども予定されています。

■参加費用
申込金=37,800円
登録料=50ユーロ
(約7,000円)申込書受け取りの後ご請求します。
受講料=ソロでの参加:450ユーロ
(約65,000円)
デュオ・トリオでの参加:300ユーロ
(約43,000円)
カルテット・クインテットでの参加:200ユーロ
(約28,000円)

◆上記費用はいずれも1人につきの費用で、受講料は合格通知受取の後の送金になります。
 また上記の受講料とは別に参加に際しては保証金として150ユーロを支払う必要がありますが、この費用は講習会修了時に返金されます。但し、受講中に建物、楽器等の器物損壊、途中入退学、公序良俗に反する行為等があった時は全額又は一部没収される場合もあります。

●事前のオーディションに合格の場合は参加に必要な諸手続きに係る費用として27,000円別途お申し受けする事になります。また、審査に不合格の場合並びにお申込後のお取消しの場合は上記の申込金と登録料は返金できませんので予めご了承ください。

 

■応募資格
講習開始日の時点で満30歳までの方。参加はソロ、又はデュオからクインテットまでのアンサンブル(弦楽又はピアノと弦、ピアノ・デュオは不可)のいずれも可能です。但し、ソロの方が現地でアンサンブルに加わって室内楽も受講される場合は受講料は無料ですが、アンサンブルの方がソロのクラスも受講される場合は所定の受講料と事前の音源によるオーディションを受ける必要があります。
 

■申込方法
添付の申込書に下記の①~⑤を同封の上、当会までお送りください。
 
①パスポートの生年月日を表すページのコピー
 
②音楽歴・演奏歴(日本語で提出して下さい)
 
③音楽大学の卒業証明書又は在学証明書(英語、又は仏語のもの)
 
④プログラム用の写真2枚(JPEG形式で300dpi以上のもの)
 
⑤オーディション用CD又はDVD
 
◆①19世紀から現代までのフランス人作曲家の作品と、②古典派又はロマン派の作曲家の作品をそれぞれ少なくとも1曲含めて、少なくとも約30分以上のプログラムをCDに録音又はその演奏風景をDVDに録画して下さい。
 
■申込締切
2016年 6月6日(月) 当会必着の事
オーディションの合否は7月18日を目途に通知されます。

■申込先
学習会・音楽アカデミー「モーリス・ラヴェル」係
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト9F
TEL: (06) 6347-7911 ・ FAX:(06) 6347-7910
Eメール:academy@gakushu-kai.com

 
~お申込みの前に必ずお読み下さい。-ご案内とご注意


■ 【オーディションコース】お申込みはこちら

~~~~~~~~~~ 格安航空券のご案内 ~~~~~~~~~~
早ければ早いほどお得な料金がご案内できます。
講習会前後にご旅行される方にはホテルも手配いたします。
日本発着空港(東京、大阪、名古屋、福岡など)、日本出発日、日本帰着日をお知らせいただければ
リアルタイムの空席状況と料金をご案内させていただきます。

- 01ピアノ, 03ヴァイオリン, 04ヴィオラ, 05チェロ, インターナショナルオーディションコース, フランス, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2019年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。『ヨーロッパで学ぶ』⇒『春期開講国際コース/通年コース』よりご確認下さい♪

1月開催の講習会
♪キューザ・オーボエ&ファゴット
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

2月開催の講習会
ウィーン音楽ゼミナール
2019年詳細決定
♪ウィーン音楽マスタークラス
2019年詳細決定
♪パリ冬期
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

3月開催の講習会
♪ドイツ ハンブルグ
2019年詳細決定
オスナブリュック
2019年詳細決定

4月開催の講習会
♪パリ イースター
日程のみ決定:
4/20(土)~27日(土)
♪ワロニー
2019年度詳細決定

◆Vienna New Year’s Concert 2019◆

2019年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

ウィーンで過ごす年末年始は、音楽を愛する人にとって最高の贅沢と言われています。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに初登場するドイツ正統派の実力者、クリスティアン・ティーレマンの指揮で聴く、軽快で愉悦感あふれるワルツやポルカと年末年始恒例のウィーン国立歌劇場の「こうもり」を中心に、ホフブルクでの年越しの大舞踏会「ル・グラン・バル」とスペイン乗馬学校の年末恒例の華麗なガラ公演を組み合わせた全6コースでご案内します。

ニューイヤーコンサートの詳細につきましてはこちらをご確認ください♬

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。