夏期国際音楽セミナー特別コース

【体験談】オーベルストドルファー夏期マスターコース

2018年8月15日 更新

2018年度オーベルストドルファー夏期マスターコースのトーマス・リンドホルスト教授のクラリネットクラスを受講されたO様からのご報告です。

【講習会について】

レッスン
講習会期間中5回のレッスンを受講しました。スケジュール決定は初めに10分程度全員吹き、先生がレッスンの順番を決めました。ローテーションでレッスンでした。教授の指導方法は身体で表現することや、吹いて見本をみせること、ドイツ語歌曲を用いて言葉と旋律を関係させたりなどです。クラスには16歳~32歳まで幅広く受講していました。日本人は私を入れて3人です。

言葉
レッスンはドイツ語または、英語です。伴奏者の方が日本人だったので翻訳して下さいました。伴奏者の方は先生と同じ大学に所属していらっしゃる方です。教授との意思伝達度は高です。やっぱり通訳は出来れば必要だと思います。


Q. ご自身の語学力・学習歴は?
A. ドイツ語は軽く勉強しています。個人差はあると思いますが、先生の身体や音での表現で言葉が無くとも多少伝わります。今回で、語学の勉強は必要だと思いました。身体の表現のみでは全てを理解出来ません。


講習会場
講習会場は音楽高校らしき場所で学校でした。練習室は無料で一部屋原則1日2時間です。練習室ではピアノ、譜面台、エアコンはありません。


【その他】

Q. 室内楽は受講されましたか?
A. 弦楽の室内楽があったみたいですが、詳しくは良く分かりません。


Q. 演奏会やワークショップ等はありましたか?
A. たくさんありました。セミナー内での優秀者が出るコンクールや、修了演奏会などがありました。それらの出演は先生が決めます。その他にラフなアンサンブルなどもありました。クラリネットはドイツ、日本、台湾でトリオを組み演奏しました。講師演奏会もありました。それらはセミナーで事前にいただくカードを提示すれば無料で聴けます。


【滞在中の生活について】

Nebelhorn Appartmenthausという所を手配しました。駅から10-15分歩いた場所にあります。日本で言うゲストハウスの個人部屋のようなものです。私が予約した時は2人用しか空いてなかったので、とても広々と使えました。キッチン(食器も充実しています。冷蔵庫、電子レンジもありました。)wifiはあります。ただ、朝食や、食堂などはありません。お部屋は綺麗でした。洗濯機は無いので、手荒いですが、掃除機はあります。設備は洗面台、トイレ、シャワーがあります。

立地条件は比較的いいと思います。聞いた話によると、そこの地域は別荘などが多く、お金に困ってない人が多いらしいです(笑)昼間は観光客の方々が多く賑わっておりますが、夜になると急にシンっとなるので、夜遅くは少し怖いほどです。観光地なので駅、バスなどの交通機関、スーパーや雑貨、飲食店などは充実しています。駅から講習会場へは歩いて15分程です。バスも事前にいただくセミナー受講カードを提示すれば無料でのれます。バスでは5分程度らしいです。

個人的に物価は日本より少し高めだと思います。しかし、スーパーで安くなってるものもあるので、個人差です。おこずかいは少し高めに6万5千円程持って行きました。少し高めの方が、誰かとご飯に行く時など安心です。

レッスン以外の時間は練習か、少し歩くなどです。他にクラリネットクラスでハイキングもしました。クラリネットの人とはみんな友達になりました。

 

【旅行について】

Q. 現地までの交通はご自分で手配されましたか?
A. 自分で手配し、単独で旅行しました。海外旅行も、単独旅行も初めてでした。楽器を持ち込みましたが特に何もありませんでした。入国の際、なぜ来たのか聞かれたので音楽セミナーがあると伝えると相手の顔が笑顔になりました。音楽が栄えている国だからですかね。とてもすんなり通れました。長時間の飛行機からoberstdorfまでの約3時間程は少し大変でした。



【ご自身の事について】

海外の講習会参加は初めてで、Lindhorst先生のレッスンを受けてみたかったから参加をしました。この講習会、先生を選んだのは、デットモルトに興味があったからです。先生の人柄の良さを感じました。

語学はある程度話せた方が良いと思います。飛行機やホテルの予約も早めの方が安くなるので、早めにした方が良い。

- 10クラリネット, ドイツ, 夏期国際音楽セミナー特別コース

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2019年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。『ヨーロッパで学ぶ』⇒『春期開講国際コース/通年コース』よりご確認下さい♪

1月開催の講習会
♪キューザ・オーボエ&ファゴット
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

2月開催の講習会
ウィーン音楽ゼミナール
2019年詳細決定
♪ウィーン音楽マスタークラス
2019年詳細決定
♪パリ冬期
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

3月開催の講習会
♪ドイツ ハンブルグ
2019年詳細決定
オスナブリュック
2019年詳細決定

4月開催の講習会
♪パリ イースター
日程のみ決定:
4/20(土)~27日(土)
♪ワロニー
2019年度詳細決定

◆Vienna New Year’s Concert 2019◆

2019年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

ウィーンで過ごす年末年始は、音楽を愛する人にとって最高の贅沢と言われています。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに初登場するドイツ正統派の実力者、クリスティアン・ティーレマンの指揮で聴く、軽快で愉悦感あふれるワルツやポルカと年末年始恒例のウィーン国立歌劇場の「こうもり」を中心に、ホフブルクでの年越しの大舞踏会「ル・グラン・バル」とスペイン乗馬学校の年末恒例の華麗なガラ公演を組み合わせた全6コースでご案内します。

ニューイヤーコンサートの詳細につきましてはこちらをご確認ください♬

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。