国際青少年オーケストラワークショップ

【体験談】ヨーロッパ国際青年音楽週間オーケストラワークショップ

2018年8月14日 更新

2018年度ヨーロッパ国際青年音楽週間オーケストラワークショップに参加されたN様からのご報告です。

【講習会について】

レッスン
レッスンは毎日、午前はフルオーケストラと室内オーケストラ、夕食後はフルオーケストラというというスケジュールでした。スケジュール決定は現地についてから、1週間分のスケジュールが配られました。笑いもまじえた指導で、とても楽しく合奏できました。

受講生みんなとても優しく、英語があまり話せない私にも優しくゆっくりはなしかけてくれ、安心して過ごす事ができました。日本人は私だけでした。

言葉
合奏は全て英語で、通訳はいませんでした。私は英語が堪能ではありませんが、教授との意思伝達はしっかりできたと思います。


Q. やっぱり通訳は必要だと思われますか?自力で何とかなりますか?
A.  自分で何とかなりました。


Q. ご自身の語学力・学習歴は?
A. 合奏中での指導者の指導は理解できましたが、友達との日常会話は分からない単語があったりしたので、少し難しいこともありました。英語は中学、高校、大学で学んだのみです。


講習会場
講習会場はオーカムスクール。練習室や、食堂がありました。Wi-Fiも、安定してつながりました。練習室は無料でした。使用時間の指定はありませんでしたが、自由時間がほとんどなかったのであまり使用していません。練習室は予約する必要が無く、空いている部屋を使用する事ができました。練習室の部屋の広さは部屋によりますが、広い部屋にはグランドピアノ、狭い部屋にはアップライトがありました。譜面台もありましたが、エアコンはありません。


【その他】

Q. 室内楽は受講されましたか?
A. 各自がやりたい曲の楽譜を持参し、自分たちで話し合ってメンバーを決めました。


Q. 演奏会やワークショップ等はありましたか?
A.最終日の夜に演奏会がありました。

【滞在中の生活について】

学校内の宿泊施設で2-3人ずつで相部屋でした。部屋は清潔で毎日清掃もしてくれていました。洗面台は部屋にありましたが、トイレやシャワーは共同でした。

周辺の環境は安全で、駅から徒歩10分弱だったので、過ごしやすかったです。講習会場は近くの教会でした。徒歩10分ぐらいです。 食事は宿泊施設の食堂で食べました。物価は日本より高いと感じました。自由行動の時間はほとんどなかったので、お金はほとんど使わなかったです。

友達はたくさんできました。自由時間は練習が全ておわった21:30以降しかありませんでしたが、友達とお話しをしたり、ダーツやビリヤードを皆でしました。

【旅行について】

Q. 現地までの交通はご自分で手配されましたか?
A. 自分で手配しました。1人で行きましたが何も問題なく入国できました。去年もこのコースに1人で参加したので、単独での海外旅行は2回目でした。安い航空券を予約したため、現地まで3回も乗継をしたので、無事にできるか不安でしたが飛行機が遅れる事もなく無事に到着しました。


 

【ご自身の事について】

昨年参加したのがとても楽しかったのと、現地で出来た友達に会いたくて参加しました。また、最近、オーケストラで演奏する機会が減っているので、この講習会を選びました。


たくさんの曲を演奏できるし、演奏会も行うので、オーケストラをやりたい方にすごくおススメです。英語をあまり話せなくても、周りの人たちがすごく優しいので大丈夫です。


  

- 03ヴァイオリン, 03オーボエ, 04ヴィオラ, 05チェロ, 06コントラバス, 08フルート, 09オーボエ, 10クラリネット, 11ファゴット, 12ホルン, 19オーケストラ, イギリス, 国際青少年オーケストラワークショップ

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2019年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。『ヨーロッパで学ぶ』⇒『春期開講国際コース/通年コース』よりご確認下さい♪

1月開催の講習会
♪キューザ・オーボエ&ファゴット
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

2月開催の講習会
ウィーン音楽ゼミナール
2019年詳細決定
♪ウィーン音楽マスタークラス
2019年詳細決定
♪パリ冬期
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

3月開催の講習会
♪ドイツ ハンブルグ
2019年詳細決定
オスナブリュック
2019年詳細決定

4月開催の講習会
♪パリ イースター
日程のみ決定:
4/20(土)~27日(土)
♪ワロニー
2019年度詳細決定

◆Vienna New Year’s Concert 2019◆

2019年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

ウィーンで過ごす年末年始は、音楽を愛する人にとって最高の贅沢と言われています。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに初登場するドイツ正統派の実力者、クリスティアン・ティーレマンの指揮で聴く、軽快で愉悦感あふれるワルツやポルカと年末年始恒例のウィーン国立歌劇場の「こうもり」を中心に、ホフブルクでの年越しの大舞踏会「ル・グラン・バル」とスペイン乗馬学校の年末恒例の華麗なガラ公演を組み合わせた全6コースでご案内します。

ニューイヤーコンサートの詳細につきましてはこちらをご確認ください♬

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。