夏期国際音楽セミナー特別コース

ナンシー夏期国際音楽アカデミー(フランス)

2019年3月22日 更新

この夏期国際音楽アカデミーはフランス東部ロレーヌ地方の古都ナンシーを中心に開催される夏のフェスティヴァル「Nancyphonies」の一環としてナンシー地方音楽院で開催される総合音楽講習会で今年度で29回目になります。講座はフェスティヴァルに出演する演奏家や、パリ国立音楽院、リヨン国立音楽院教授をはじめフラスやベルギー各地の音楽大学の教授陣がレッスンを担当します。

■研修地:ナンシー・フランス NANCY
パリの東約300km、フランス北東部のドイツと国境を接するロレーヌ地方の中心都市。15世紀以来リレーヌ公国の首都として栄え、ロココ様式の伝統工芸とアール・ヌーヴォー発祥の地として名を馳せた芸術都市で、日本の金沢市とも姉妹都市になっています。ナンシーへはパリ東駅から直行のTGVで約1時間30分。講習会はナンシー地方音楽院で行われます。

■開講期間
前期=7月16日(火)~7月25日(木)・10日間
後期=7月30日(火)~8月 8日(木)・10日間

■開設科目
ピアノ、声楽、ハープ、フルート

■前期開設科目と会期別担当指導教授

■ピアノ
Sandra Chamoux / サンドラ・シャモー
フランスの女流ピアニスト。ジュネーヴ音楽院でダティナーに師事した後、ベロフやペルルミュテールの下で研鑽を積んだ。グルノーブル地方音楽院教授。

Célimène Daudet / セリメーヌ・ドーデ
エクサン・プロヴァンス生まれの女流ピアニスト。パリ地方音楽院でガルドンに師事し、演奏家として活躍。パリ・サン=サーンス音楽院教授。

Hugues Leclere / ユゲ・ルクレール
フランスのピアニスト。フランスもの、特にドビュッシーとラヴェルの解釈には定評がある。パリ地方音楽院教授。ナンシー音楽祭芸術監督。

Amy Lin / エイミー・リン
台湾生まれ、アメリカ育ちの女流ピアニスト。ピーボディ音楽院でフライシャーに学んだ後、ミュンヘン音楽大学でオピッツに師事。ストラースブール音楽院教授。

Antonio Pompa-Baldi / アントニオ・ポンパ=バルディ
イタリアのフォッジア生まれ。クリーヴランド音楽大学教授。アルド・チッコリーニに師事し、活発な演奏活動を展開、CD録音も多く出版している。

Agnès Postec / アグネス・ポステク
フランスの女流ピアニスト。パリ国立音楽院でチッコリーニとリグットに師事した後、ブダペスト・リスト音楽大学でラドシュとゼンプリーニの下で研鑽を積んだ。

Hans-Peter Stenzl / ハンス ペーター シュテンツェル
ドイツのピアニスト。英国王立音楽院でウイバウトに師事。弟フォルカーとのデュオでも活躍している。シュトゥットガルト音楽大学、ロストックオ音楽大学教授。
●ピアノ・デュオでの参加も可能です。

■声楽
Daniel Ottevaere / ダニエル・オットヴェール
ブリュッセル生まれのバス歌手。オペラ・コンサートに活躍。パリ・エコール・ノルマル音楽院、ヴァランシエンヌ音楽院教授。


■ヴァイオリン
Vadim Tchijik / ワジム・チジク
ロシア出身のVn奏者。モスクワ中央音楽学校で学んだ後、フランス、ドイツへ渡り、ベルキン、ギトリス、クレッバースらの下で研鑽を積んだ。トゥールーズ地方音楽院教授。


■フルート
Jean-Marc Boissière / ジャン=マルク=ボワッシエール
フランスのFl奏者。パリ国立音楽院でマリオンとギオに師事。ダリウス・ミヨー音楽院教授。マルセイユ・フィルハーモニー首席奏者。


■ハープ
Ghislaine Petit-Volta / ギレーヌ・プティ=ヴォルタ
フランスの女流Harp奏者。パリ国立音楽院でシルヴェストル、ジャメ、ラルデらに師事。パリ地方音楽院教授。

Anne Ricquebourg / アンヌ・リケブール
フランスの女流Harp奏者。リヨンでピエールに、パリでジャメに師事した。ブーローニュ=ビヤンクール地方音楽院教授。

■宿泊・食事
期間中の宿泊は音楽院から徒歩5分ほどにある学生用レジデンス「クール ド ヴィル」の個室又は2人部屋を斡旋します。利用料金は毎朝食付きで、2人部屋で285ユーロ1人部屋利用で395ユーロです。室内にはシャワー・トイレ・キッチンなども備わっており簡単な自炊も可能です。宿泊期間は、到着日(前期:7月15日、後期:7月29日)から講習会終了日(前期:7月25日、後期:8月8日)の午後1時ぐらいまでの10泊です。昼・夕食は音楽院から徒歩5分程の学生用レストランで各自でお摂りいただくことになりまが、希望者は申込時に毎日の食事券を全期間分(昼又は夕食のいずれか1食で100ユーロ、昼及び夕食の2食で200ユーロ)を購入することもできます。また音楽院や宿舎の近くには各種のレストランやカフェ、スーパーマーケットなどもありまので、簡単な自炊や外食には大変便利です。

■音楽祭
期間中には指導教授やゲスト・アーティストによる〈Nancyphonies〉のコンサートが市内各所で開催され、受講生はこれらをすべて無料で聴く事ができます。また成績優秀者による修了演奏会や講習期間中にはクラスコンサートなども随時開催されます。

■申込金=38,000円

■受講料=750ユーロ(聴講料:190ユーロ)

■追加クラス
①室内楽:90ユーロ
②ピアノ伴奏法:初級クラス=140ユーロ、上級クラス=395ユーロ
③ピアノ初見演奏:初級クラス=140ユーロ、上級クラス=395ユーロ


※合計金額=約28万(登録料・受講料・宿泊代(2人部屋利用)・食事券(1日2食)・申込金・各種手続き・手配料含む)

■申込締切日
6月14日(金) 但しそれ以前でも教授のクラスの定員に達し次第締め切られます。

■提出書類 ①申込書、②受講希望曲、③希望追加手配(もしあれば) ④食事券の希望(1食又は2食)

 

お申込みの前に必ずお読みください。

■ 【オーディションコース】お申込みはこちら

 

- 01ピアノ, 02声楽, 03ヴァイオリン, 04ヴィオラ, 05チェロ, フランス, 夏期国際音楽セミナー特別コース, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

GWのお休みについて

GW休みについて

誠に勝手ながら4月27日(土)~5月6日(月)までオフィスをクローズさせていただきます。休業中にいただいたお問合せに関しましては5月7日(火)以降に順次ご返信させていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが何卒宜しくお願いいたします。