国際青少年オーケストラワークショップ

参加者ボイス:ヨーロッパ国際青少年オーケストラワークショップ

2017年8月15日 更新

ヨーロッパ国際青少年オーケストラワークショップに参加されたN様からのご報告です。

【講習会について】

レッスン
オケの授業は9:15~21:30の時間に行われました。スケジュールの決定は当日の朝に練習部屋に貼りだされて発表されました。どの指揮者の先生もやさしく楽しい授業でした。クラスの雰囲気や参加者のレベルについては人によりレベルに差はありました。日本人は私だけでした。

言葉
クラスは英語でした。あまり話せませんが、通訳なしでも自分で何とかなりました。

Q. ご自身の語学力・学習歴は?
A. 学校の授業で学んだだけです。講習会自体は英語がペラペラじゃなくても理解できたが、行き帰りの飛行機や、買い物においては語学の勉強が必要だと思いました。

講習会場
ブランケインハイム城で練習部屋は大きい部屋が2つと、小さい部屋がいくつかありました。練習室にはアップライトピアノがありました。

【その他】
Q. 室内楽は受講されましたか?
A. 参加者それぞれがやりたい曲を持参し、編成はその場で話し合って決めました。

Q. 演奏会やワークショップ等はありましたか?
A.室内楽の発表会と、オーケストラの発表会がありました。

【滞在中の生活について】

滞在先はブランケンハイムのユースホステルでした。WiFi もありましたが、繋がらない日もありました。お部屋は普通で洗面台、トイレ、シャワーの設備はありました。滞在先の立地条件は自然に囲まれており安全でした。周辺は特に何もなかったです。滞在先と講習会場は同じ場所にあります。毎食事は講習会場の食堂で食べました。物価などを日本と比べると、同じくらいだと思います。観光できるのは1日しかなかったので、ほとんどお小遣いはいらないです。レッスン以外の時間は、Teaタイムや近くを散策して過ごしました。 自由時間はほとんどなかったです。友達はたくさんできました。

【旅行について】

Q. 現地までの交通はご自分で手配されましたか?
A. 飛行機のみ自分で手配しました。楽器持ち込みの入国は何も問題なく税関を抜けられました。海外旅行の経験はありましたが、単独でははじめてです。乗継が不安でしたが、うまくいきました。

【ご自身の事について】

海外のオーケストラの講習会に参加したのは今回が初めてでした。海外のオーケストラで演奏したいと思い、申しこみました。たくさんの人と交流ができ、友達も増えて、とても楽しかったです。

N様
講習会お疲れ様でした。海外のオーケストラでの演奏、発表会は素晴らしい経験になられたようで私共も嬉しく思います。また、音楽を通して海外のたくさんの友達が出来る事も講習会参加者の方が参加して良かった!と思われる要因の一つだと思います。N様の益々のご活躍を心よりお祈りいたします。今後共どうぞ宜しくお願い致します。
学習会

- 06 参加者ボイス, 10クラリネット, 19オーケストラ, ドイツ, 国際青少年オーケストラワークショップ, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2019年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。『ヨーロッパで学ぶ』⇒『春期開講国際コース/通年コース』よりご確認下さい♪

1月開催の講習会
♪キューザ・オーボエ&ファゴット
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

2月開催の講習会
ウィーン音楽ゼミナール
2019年詳細決定
♪ウィーン音楽マスタークラス
2019年詳細決定
♪パリ冬期
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

3月開催の講習会
♪ドイツ ハンブルグ
2019年詳細決定
オスナブリュック
2019年詳細決定

4月開催の講習会
♪パリ イースター
日程のみ決定:
4/20(土)~27日(土)
♪ワロニー
2019年度詳細決定

◆Vienna New Year’s Concert 2019◆

2019年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

ウィーンで過ごす年末年始は、音楽を愛する人にとって最高の贅沢と言われています。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに初登場するドイツ正統派の実力者、クリスティアン・ティーレマンの指揮で聴く、軽快で愉悦感あふれるワルツやポルカと年末年始恒例のウィーン国立歌劇場の「こうもり」を中心に、ホフブルクでの年越しの大舞踏会「ル・グラン・バル」とスペイン乗馬学校の年末恒例の華麗なガラ公演を組み合わせた全6コースでご案内します。

ニューイヤーコンサートの詳細につきましてはこちらをご確認ください♬

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。