インターナショナルオーディションコース

ハノーヴァー音楽大学ニーダーザクセン国際室内楽アカデミー

2018年3月31日 更新

このハノーヴァー 音楽大学の実施する国際室内楽アカデミーは、若い室内楽奏者の育成を目的として1977年に開設されたもので、ドイツ各地の音楽大学から各分野のヴェテラ ン教授陣を講師に招き、ドイツ北部にあるオランダ国境に近い小都市ノルトホルン郊外のKloster Frenswegen(フレンスヴェーゲン修道院)で開催されます。尚、参加に際しては書類と音源による審査を受ける必要がありますが、個人での参加(但し現在アンサンブル活動をされている方、又はアンサンブル活動の経験のある方)と、トリオ以上のアンサンブルを編成しての参加との2通りがあります。 1.ハノーヴァーニーダザクセン

開講日程

2018 9月2日(日)~ 9月23日(日)・ 3週間



研修地Nordhorn / ノルトホルン・ドイツ
ハノーヴァーとアムステルダムの中間に位置する北部ドイツの小都市。ハノーヴァーより列車でバート・ベントハイム(Bad Bentheim)へ約2時間、ここからノルトホルン/フレンスヴェーゲン(Frenswegen)行きのバスで約30分。

■講習内容
◆個人参加の場合:担当教授のアドヴァイスにより受講生同志で希望するアンサンブル(受講希望曲を提出の事)を編成してのレッスンと、アンサンブルで参加しているグループに加わってのレッスンを受ける事になります。講習プログラムとしてトリオ以上の室内楽曲の自分の専攻楽器のパート(講習課題曲のリストは合格通知と一緒に送られてきます)を3曲用意する事になります(ソロ曲並びに個々の専攻楽器のみの個人レッスンはありません)。
 
◆トリオ以上のアンサンブルでの参加の場合:アンサンブル自身のレパートリー(少なくとも3曲以上を用意する事)のレッスンと、現地で他の参加者を加えてさらに大きなアンサンブルを編成し、教授陣によって指定される講習課題曲(合格通知の際に案内があります)のレッスンを受けます


開設科目
室内楽
(参加は個人で、又はアンサンブルでのいずれも可)




担当教授
Angelika Merkle / アンジェラ・メルクル
〔ピアノ〕
フランクフルト音楽大学教授。

Peter Nagy / ピーター・ナギー 〔ピアノ〕
シュトゥットガルト音楽大学教授。


Eberhard Feltz / エバーハルト・フェルツ 〔ヴァイオリン〕
ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学教授。

Yura Lee / ユラ・リー 〔ヴァイオリン・ヴィオラ〕
デトモルト音楽大学教授



Hariolf Schlichtig /ハリオルフ・シュリヒティヒ〔ヴィオラ〕
ミュンヘン音楽大学教授。


Konstantin Heidrich / コンスタンティン・ハイドリッヒ 〔チェロ〕
ベルリン音楽大学教授。

Diethelm Jonas / ディートヘルム・ヨナス 〔オーボエ〕
リューベック音楽大学教授。東京芸術大学客員教授。

Norbert Kaiser / ノルベルト・カイザー 〔クラリネット〕
シュトゥットガルト音楽大学教授。

Martin Spangenberg  / マルティン・シュパンゲンベルク 〔クラリネット〕
ハンス・アイスラー音楽大学教授。

Georg Klütsch /ゲオルグ・クリュチェ〔ファゴット〕
ケルン音楽大学、ハンス・アイスラー音楽大学教授
 
■修了演奏会
コース終了時に公開で行われます。またそれ以外にも受講生によるランチタイムコンサートが最後の1週間に6回計画されます。

 
■宿泊・食事
講習会場のフレンスヴェーゲン修道院の宿泊施設を利用します。1室2名での利用で、宿泊代、食事代もすべて受講料に含まれます。

 
参加費用
申込金=37,800円
(お1人又は1団体につき)
登録料= 200ユーロ
(約2.8万円)登録時に請求します。
受講料=400ユーロ
(約5.6万円)合格通知受け取りの後に請求します。
 
❖登録料、受講料はソロ、アンサンブルを問わずいずれも1人当たりの費用です。また、審査に不合格の場合並びにお申込後のお取消しの場合は上記の申込金と登録料は返金できませんので予めご了承ください。
 
●事前のオーディションに合格の場合は参加に必要な諸手続きに係る費用として27,000円別途お申し受けする事になります。
 

■申込方法
 
添付の申込用紙に必要事項を記入の上、下記の提出書類①~③とあわせて、当会事務局までお送り下さい。
 
①音楽歴・演奏歴(学校名や師事された先生並びに室内楽の演奏会)
 
②推薦状1通(専攻科目を師事されている、又はされた先生で、室内楽の能力を評価してもらえる方よりの英文又は独文のもの)
 
③オーディション用の音源(MP3、MP4、YouTube等で。録音曲は自由ですが15分以上のもので過去6か月以内のもの。但し、本コースの担当教授の推薦がある方は音源は不要ですからその旨書面で提出して下さい

申込締切
2018年
5月16日(水)・当会必着のこと


 
~お申込みの前に必ずお読み下さい。-ご案内とご注意

■ 【オーディションコース】お申込みはこちら


~~~~~~~~~~ 格安航空券のご案内 ~~~~~~~~~~


早ければ早いほどお得な料金がご案内できます。
講習会前後にご旅行される方にはホテルも手配いたします。
日本発着空港(東京、大阪、名古屋、福岡など)、日本出発日、日本帰着日をお知らせいただければリアルタイムの空席状況と料金をご案内させていただきます。
 

- 01ピアノ, 03ヴァイオリン, 03オーボエ, 04ヴィオラ, 05チェロ, 09オーボエ, 10クラリネット, 11ファゴット, インターナショナルオーディションコース, ドイツ, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2019年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。『ヨーロッパで学ぶ』⇒『春期開講国際コース/通年コース』よりご確認下さい♪

1月開催の講習会
♪キューザ・オーボエ&ファゴット
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

2月開催の講習会
ウィーン音楽ゼミナール
2019年詳細決定
♪ウィーン音楽マスタークラス
2019年詳細決定
♪パリ冬期
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

3月開催の講習会
♪ドイツ ハンブルグ
2019年詳細決定
オスナブリュック
2019年詳細決定

4月開催の講習会
♪パリ イースター
日程のみ決定:
4/20(土)~27日(土)
♪ワロニー
詳細未定

◆Vienna New Year’s Concert 2019◆

2019年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

ウィーンで過ごす年末年始は、音楽を愛する人にとって最高の贅沢と言われています。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに初登場するドイツ正統派の実力者、クリスティアン・ティーレマンの指揮で聴く、軽快で愉悦感あふれるワルツやポルカと年末年始恒例のウィーン国立歌劇場の「こうもり」を中心に、ホフブルクでの年越しの大舞踏会「ル・グラン・バル」とスペイン乗馬学校の年末恒例の華麗なガラ公演を組み合わせた全6コースでご案内します。

ニューイヤーコンサートの詳細につきましてはこちらをご確認ください♬

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。