インターナショナルオーディションコース

参加者ボイス:クロンベルクアカデミー・ヴァイオリンマスタークラス

2015年6月19日 更新

ドイツの音楽講習会 クロンベルクアカデミー主催ヴァイオリンマスタークラスを受講された中学3年生の参加者様からのご報告です。クロンベルクアカデミー主催の講習会ではミハエラ・マルティン教授に師事されました。

■講習会について
【レッスン】
◇平均何分位のレッスンを期間中に何回受講されましたか?
約50分くらいのレッスンを3回

◇スケジュール決定は、いつ・誰が・どのように発表するのですか?
オーディション後に事務局が決定して紙面と毎日メールで知らされる

◇担当教授の印象や指導法などについてお書き下さい。
情熱的で積極的な方。ユーモアもあり無駄のないレッスンで弾いてくださるのでわかりやすい。

◇クラスの雰囲気や参加者のレベルについてお書きください。日本人の参加者は何名位でしたか?
レッスン会場の雰囲気も良く聴講の方々の大マナーも大変良い。
日本人で受講された方は6,7名位

【言葉】
◇何語でレッスンされましたか?通訳はいましたか? 教授との意思伝達度は高?中?低?
英語でのレッスン。殆ど理解できたが、時々伴奏者が日本人だったので頼ることが出来た。
レッスンでの意思伝達は割と高に近いが、普通のお話はやはり難しい。

◇やっぱり通訳は必要だと思われますか? 自力で何とかなりますか?
このように数回しかレッスンがない場合は通訳は必要ないと思う。
通訳する時間でレッスンが止まらなければ(同時通訳みたいに)あってもいいかも

◇ご自身の語学力・学習歴はどれくらいですか?短期講習会でも語学の勉強は必要ですか?
レッスンを受けるにあたって先生のおっしゃってることはだいたいわかります。
こちらが話す能力がないので先生や事務局の方、他の受講生さん達と懇親がしにくいのでお勉強しておいたほうが
絶対良いと思う。

【その他】
◇伴奏者はいましたか?プロの伴奏者ですか?それとも学生のアルバイトの方でしたか?
今回は日本音コンで1位の経歴をもつプロの伴奏者でした

◇室内楽のクラスはありましたか?受講された方はどのようにして編成や曲目が決まったかをお書きください。
ありません

◇演奏会やワークショップ等はありましたか?(クラス全員,優秀な参加者,教授陣の演奏会や特別講義など具体的に)
毎日クロンベルグアカデミーの学生さん達や先生の素晴らしいコンサートが教会でありました。

最終日にマスターコース受講生の中から8人が演奏会をホールで行いました。
いずれも立ち見が出るほど満席でした。

【講習会場】
◇どんな施設(音楽大学、教会、ホテル等)で館内施設(練習室、食道、図書館、宿泊施設、他など)を教えて下さい。
クロンベルグアカデミーの校舎は町の一角に溶け込んだこじんまりとしたレッスン室主体の建物でした。
講習会場は町のいろいろな場所で行われました。
◇練習室は無料で使用出来ましたか?また1日何時間位つかえましたか?
練習室はレッスンの前にウォーミングアップとして小1時間程優先的にレッスン会場のそばのお部屋を使用できます
それ以外は基本的には各自宿泊施設でした。
◇練習室は予約が必要ですか?その場合どのように予約をするのですか?
空いていればスタッフに声をかけて使えますが次の時間にレッスンがある方が優先されます。

◇練習室の設備(グランドピアノ、アップライト、譜面台、エアコン他)
ピアノはあったりなかったりです。譜面台はどこでもあります。エアコンはありません。

■滞在中の生活について
◇どんな施設(ホテル,学生寮,民宿など)に滞在しましたか?館内設備(キッチン,PC 室,WIFI,洗濯室,練習室,食堂,他)
フランクフルト中央駅からすぐのシュタインベルガーメトロポリタンに滞在しました。Wifiも各部屋で使え、練習も特に困らずに出来ました(9時から20時まで位、殆どいなかったのでそんなにしてませんが)。
朝食バイキングが本当に素晴らしく毎日いろんなものを注文するのも楽しみでした。

◇お部屋の状態は、清潔・普通・汚いの いずれですか?また、設備(洗面台、トイレ、シャワー、バスタブ、ドライヤーエアコン、ミニ冷蔵庫、他)を教えて下さい)
毎日お部屋を整えてもらえる時にお水と小さなお菓子が必ずついてきます。バスタブとシャワーも別々で大理石でとてもきれいでした。アメニティーもリンスがない以外は日本と同じくらい充実しています。ドライヤーも勢いのよいタイプでよかったです。冷蔵庫の冷えが今一つでしたがあまり使わなかったので困りませんでした。エアコンが付いていましたが夜は窓を開けた方が涼しいです。

◇滞在先の立地条件はいかがでしたか?周辺の環境は安全・並・悪い のいずれですか?また周辺の施設(駅、バス、スーパー、コンビニ、雑貨や、郵便局、銀行、レストラン、楽譜屋、他)教えて下さい。
ホテルは駅からすぐで移動にはとても便利でした。周辺は怖いとありましたが警察署もすぐ目の前で安全でした。
楽譜やさんはありませんが日本の都会の駅と同様すべてのものが構内にあります。

◇滞在先から講習会場までの所要時間は?並びに利用交通機関は?
電車で20分くらい。終点なので安心です。殆ど座れます。
ただ、駅から会場まで10分の上り坂が毎日きつかったです。下りは楽です。

◇毎食事はどうされていましたか?(外食店・自炊・ミールクーポン、他)
朝はホテル、lunchや夕食は外食したりテイクアウトしてホテルやクロンベルグの町の広場で食べました。
日本食はフランクフルトの町へ出ればたくさんあります。しょっちゅうソーセージを買って歩きながら食べました。
カフェもたくさんあります。

◇スーパーやレストランなど物価を日本と比較すると高い・同じ・安いの いずれですか? 結局おこずかいは幾らくらい必要でしたか?
物価は水以外は殆ど日本と同じくらいでした。

◇レッスン以外の時間は何をして過ごされていましたか?また、自由時間はどのくらいありましたか?お友達はできましたか?
レッスン以外は他の人を聴講したり、コンサートへ行ったり買い食いして散歩していました。自由時間は割とありますが、練習は次の時間にレッスンがある人が優先なのであまり現地ではできません。いったんホテルに戻って出直すと結構時間がかかるのでカフェでもしました。お友達は日本人の方とは大体おともだちになれました。言葉が出来たらもっと外国のお友達もできそうです。

■旅行について
◇現地までの交通やホテルはご自分で手配されましたか?
はい 学習会さんにもお世話になりました。

◇今回のご旅行はどなたかと一緒でしたか?それとも単独行動でしたか?
母と一緒でした

◇楽器をお持ちになられた方は入国の際問題なく税関を抜けられましたか?何か質問されたり問題があった場合は具体的に教えて下さい。
問題ありませんでした。

◇海外旅行のご経験はありましたか?また単独での海外旅行の経験はありましたか?
あります。母と一緒です。

◇日本から現地までの移動は大変でしたか?心配したほどではなかったですか?大変だった方は具体的にどのような点が大変でしたか?
飛行機の中が離れ離れで不自由もありました。

■ご自身の事について
◇海外の講習会に参加されたご経験はありましたか?今回の参加動機はなんですか?
ありました。
今回は、先生からお誘いを受けました。
◇なぜ今回の講習会、教授を選ばれたのですか? 参加して良かったと思える事はなんですか?
日本の学生さん達よりみんないきいき細かいことにこだわらず弾いている人が多いなと感じました。聴いてくださる普通の方々のマナーの良さも印象的です。

ありがとうございました。

- 06 参加者ボイス, インターナショナルオーディションコース, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2019年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。『ヨーロッパで学ぶ』⇒『春期開講国際コース/通年コース』よりご確認下さい♪

1月開催の講習会
♪キューザ・オーボエ&ファゴット
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

2月開催の講習会
ウィーン音楽ゼミナール
2019年詳細決定
♪ウィーン音楽マスタークラス
2019年詳細決定
♪パリ冬期
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

3月開催の講習会
♪ドイツ ハンブルグ
2019年詳細決定
オスナブリュック
2019年詳細決定

4月開催の講習会
♪パリ イースター
日程のみ決定:
4/20(土)~27日(土)
♪ワロニー
2019年度詳細決定

◆Vienna New Year’s Concert 2019◆

2019年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

ウィーンで過ごす年末年始は、音楽を愛する人にとって最高の贅沢と言われています。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに初登場するドイツ正統派の実力者、クリスティアン・ティーレマンの指揮で聴く、軽快で愉悦感あふれるワルツやポルカと年末年始恒例のウィーン国立歌劇場の「こうもり」を中心に、ホフブルクでの年越しの大舞踏会「ル・グラン・バル」とスペイン乗馬学校の年末恒例の華麗なガラ公演を組み合わせた全6コースでご案内します。

ニューイヤーコンサートの詳細につきましてはこちらをご確認ください♬

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。