国際指揮マスターコース/コンクール

2017年度春期ブルガリア国際オペラ指揮マスタークラス

2016年8月12日 更新

ブルガリア指揮3 ブルガリア指揮1


■ 講習期間:
2017年4月3日(月) ~ 4月13日(木) 11日間

■ 開催地:
Rousse, Bulgaria / ブルガリア国立ルセ歌劇場

■ オーケストラ
The State Opera Rousse, Bulgaria / ブルガリア国立ルセ歌劇場

■ 講習内容

事前のオーディションによって実技受講生(年齢制限はありません)最大10名が選ばれます。全実技受講生は期間中修了演奏会に出演が約束されます。それぞれの課題曲につき20分のオーケストラリハーサル、15分の合唱リハーサル、20分のシッツプローべと、各自が上演するオペラが決定した後はピアノ伴奏によるソリストリハーサル、ゲネプロ、公開での上演を担当します。


※講習は英語、ドイツ語を使用して行われます。

■ 課題曲
モーツァルト:「後宮からの誘拐」
サン=サーンス:「サムソンとデリラ」
プッチーニ:「蝶々夫人」



■ 宿泊
ご希望の方には講習会場周辺のホテルを斡旋します。(宿泊手配料別途要)

■ 講習会経費
登録料:50ユーロ (6,500円) *払戻し不可
受講料:2700ユーロ (約35万円)
※合格通知がとどいてから1週間以内にデポジット700ユーロを送金します。
※残金2000ユーロはマスタークラス初日に現地にて現金でお支払下さい。

■ 提出書類
①音楽歴・演奏歴
②パスポートコピー
(写真のページ見開き)
③ご自身の動画をUPしたYouTube のアドレス
演奏会又はリハーサル風景から2曲。曲目、時間等の指定はありません。

■ 締切日
2017年2月24日(金)までに添付の申込書に日梅雨事項を明記の上、①~③を添えて下記住所にお送り下さい。
※それ以前でも実技受講生10名が選抜された時点で応募受付は終了されます。書類審査の結果は応募語訳1週間程度で通知されます。

■ 申込金
37,800円(消費税8%含む)
上記費用には、申込書書類作成、申込手続き代行料、通信費等の事務経費を含みます。また、オーディション合格の場合はマスタークラス参加に必要な諸手続き並びに手数料として別途27,000円と受講費用(請求時の実勢レート+8%で日本円に換算)並びに、外国為替送金代、取扱い銀行手数料、海外銀行チャージ等計14,000円を合わせてお支払頂く事になりますので予めご了承ください。尚、申込後のお取消しの場合並びにオーディション不合格の場合でもお申込金並びに登録料50ユーロの払い戻しはありませんので、予めご了承ください。

問合せ・申込先
学習会・音楽アカデミー事務局「ブルガリア国際指揮マスタークラス」係
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2・ヒルトンプラザウエスト9階
TEL:06-6347-7911 ・  FAX:06-6347-7910
Eメール:academy@gakushu-kai.com

お申込みの前に必ずお読み下さい。-ご案内とご注意ー




~~~~~~~~~~ 格安航空券のご案内 ~~~~~~~~~~
早ければ早いほどお得な料金がご案内できます。
講習会前後にご旅行される方にはホテルも手配いたします。
日本発着空港(東京、大阪、名古屋、福岡など)、日本出発日、日本帰着日をお知らせいただければ
リアルタイムの空席状況と料金をご案内させていただきます。

- 20指揮, 上記以外, 国際指揮マスターコース/コンクール, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2019年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。『ヨーロッパで学ぶ』⇒『春期開講国際コース/通年コース』よりご確認下さい♪

1月開催の講習会
♪キューザ・オーボエ&ファゴット
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

2月開催の講習会
ウィーン音楽ゼミナール
2019年詳細決定
♪ウィーン音楽マスタークラス
2019年詳細決定
♪パリ冬期
2019年詳細決定
♪オスナブリュック
2019年詳細決定

3月開催の講習会
♪ドイツ ハンブルグ
2019年詳細決定
オスナブリュック
2019年詳細決定

4月開催の講習会
♪パリ イースター
日程のみ決定:
4/20(土)~27日(土)
♪ワロニー
2019年度詳細決定

◆Vienna New Year’s Concert 2019◆

2019年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

ウィーンで過ごす年末年始は、音楽を愛する人にとって最高の贅沢と言われています。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに初登場するドイツ正統派の実力者、クリスティアン・ティーレマンの指揮で聴く、軽快で愉悦感あふれるワルツやポルカと年末年始恒例のウィーン国立歌劇場の「こうもり」を中心に、ホフブルクでの年越しの大舞踏会「ル・グラン・バル」とスペイン乗馬学校の年末恒例の華麗なガラ公演を組み合わせた全6コースでご案内します。

ニューイヤーコンサートの詳細につきましてはこちらをご確認ください♬

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。