春季開講国際コース/通年コース

春期ウィーン国際音楽ゼミナール[通訳可・留学セミナー]

2017年8月29日 更新

2月のウィーンはオペラ座や楽友協会、コンツェルトハウスでのオペラや演奏会のシーズンですからレッスン以外にも楽しみがいっぱいです。レッスンに際してはオーディションがありませんのでご自分のレベルに応じて受講して頂けます。言葉に自身の無い方は事前に申し込めばレッスン通訳をつける事もできます。さらにウィーンの音楽大学への留学を希望している方のために、ウィーン国立音楽大学の入学試験やウィーンでの留学生活に関する勉強会を講習期間中に実施します。ウィーン国立音楽大学教授への留学準備にお役立て下さい。旅行は航空機や空港からのホテルへの送迎などご希望の方は各種手配を承りますのでご遠慮なくご相談下さい。お申し込みを心よりお待ちしております。

 

3.ウィーンゼミ1.ウィーンゼミ 3.ウィーンゼミ


■開講期間:
2018年2月12日(月)~2月22日(木)


■研修地・期間:ウィーン(オーストリア)・ウィーン国立音楽大学 / 11日間

■ 開設科目と担当予定教授:

◇ピアノ
Alexander  Rössler / アレキサンダー・レスラー

ドイツ出身のピアニスト。シュトゥットガルトとミュンヘンで学んだ後、マリア・ティーポやスタニスラフ・ネイガウスの下で研鑽を積み、ソロ、室内楽の両面で活発な演奏活動を展開した。元ウィーン国立音楽大学教授。

Peter Efler / ペーター・エフラー
オーストリアのミステルバッハ生まれ。10歳からウィーン国立音楽大学で学ぶ。バンホーファー、ハウザー、ザイドウルホーファーの諸氏に師事。ウィーン国立音楽大学教授。

◇声楽
Sona Ghazarian / ソーニャ・ガザリアン
アルメニア出身のソプラノ歌手。ソプラノ歌手としてイタリアのベルカントからフランス、ドイツものまでレパートリーは幅広い。世界の主要な歌劇場の他、リサイタル、映画などで多彩な活躍。ウィーン国立歌劇場宮廷歌手の称号を持つ。

Franz Lukasovsky /フランツ・ルカソフスキー
ウィーン生まれ。シエナやウィーンでオペラデビューも果たす。グラーツ音楽大学で教鞭を執った後ウィーン国立音楽大学の教授となる。声楽科の学部長を経て、現在はウィーン国立音楽大学理事会評議員も務めている。

◇ヴァイオリン
Edward Zienkowski / エドワルド チェンコフスキー
ポーランド生まれ。ワルシャワ音楽院で学び、ベルリン・フィル、ケルン放送響などで長く活躍した。その間、バイロイト祝祭管でもコンサートマスターを務めた。1992年からはウィーン国立音楽大学で教えている。

◇フルート
Barbara Gisler-Haase / バルバラ・ギスラー=ハーゼ
ウィーン国立音楽大学教授。1974年に「プラハの春のコンクール」で優勝、「Eurasia Quartet」や「Vienna Nonett」そして自ら設立した「Vienna Flautists」やチェロ・ピアノとのアンサンブル「Jubal Trio」など多数のアンサンブルと演奏活動し、15枚以上のCDをリリース。

◇クラリネット・サクソフォーン
Kurt Schimidt / クルト・シュミット
ウィーン生まれ。ルドルフ・イエッテル門下の1人。演奏家、教育者として高い評価を得る傍ら、作曲家としても活躍している。現在、オラディア交響楽団並びにガンスク管弦楽団の芸術監督兼指揮者、ルガンスク大学教授。

■ レッスン
市立公園に近いアントン・フォン・ヴェーベルン広場にあるウィーン国立音楽大学を使用して行われます。担当教授別で1回60分位の個人レッスンが期間中4回予定されています。レッスン日時は担当教授が決定し、講習開始日に発表されます。2月20日、21日はクラスの演奏会、22日はウィーン音楽大学ホールで修了演奏会が予定されています。

■ 通訳
希望者は別費用で日本語通訳を依頼する事もできます。費用は全期間で165ユーロ(約21,000円)です。ご希望の場合はお申込時にお申し出ください。

■ 修了証書
各クラスともレッスンを完全に受講された方には修了時にゼミナール協会と担当教授の認定した受講証明書が全員に授与されます。

■ 宿泊
滞在期間は2月11日チェックイン-23日チェックアウトの12泊となります。地下鉄4号線のピルグラムガッセ駅にある4つ星ホテル「アナナス」を期間中の宿舎として使用します。ここから講習会場のウィーン国立音楽大学へは地下鉄、徒歩を合わせて約30~40分。ご希望であれば1泊51ユーロ(シングルは76ユーロ)の追加で前泊・後泊も可能です。

■ 練習室
KLAVIERgalerie: Kaiserstrasse 10, 1070 Wien   詳細はこちらをご覧ください。

参加者には講習会が1日1時間の練習室を用意します。講習会の用意している部屋が空いている場合は無料で練習室の追加が出来ます。さらにそれ以上の練習をご希望の場合は有料で別の練習室を使用する事もできます。

■ オリエンテーション
講習会氏に先立ち、2月12日の午前9時よりホテル・アナナスでゼミナール協会の係員による説明会(日本語使用)が予定されています。

■ 受験勉強会
勉強会では以下の10項目についてお話しいたしま(約1時間)。入試の内容は毎年ほぼ同じですが、ここ数年受験曲や楽典・ソルフェージュの難易度がました科目もありますので、試験対策となる最新情報を把握して頂けます。今は留学を迷っておられる方にとっては、ウィーンでの生活事情、ご出発前に提出して頂く質問への回答など有益な情報をたくさん入手して頂けますので、この機会をぜひ有効に活用して頂ければ幸いです。【参加費用70ユーロ】

1.ウィーン国立音楽大学2016年度の入試受験曲案内

2.受験に必要なドイツ語資格と試験内容。ドイツ語の重要度

3.楽典・ソルフェージュの傾向と対策

4.ウィーンの生活(短期講習会との違い。ビザの準備。生活費や学費)

5.事故や病気への備え(健康保険に加入するの?)

6.銀行口座の開設方法

7.住居探しの現状

8.練習室対策(学校の練習室の利用可能状況と自宅練習の長所・短所)

9.電話やインターネット、携帯電話事情

10.事前の質問事項への回答

■ 受講料
申込金=33,000円(消費税含)
登録・受講料=695ユーロ(約90,000円)
宿泊費=2人部屋利用/612ユーロ(約80,000円)、1人部屋利用 / 912ユーロ(約120,000円)

■ 申込方法
添付の申込用紙に必要事項を記入の上、2018年1月5日(金)までに当会事務局までお送り下さい。

■ お支払

上記費用の内、申込金として33,000円を申込書類提出後1週間以内に、残金は開講の1カ月前までにお支払い頂く事になります。尚、都合で参加をお取消しになる場合は1月5日までは申込金の金額、それ以降は1月31日までは残金50%、2月1日以降は講習会経費全額を取消料として申し受けますので予めご了承ください。

申込先

学習会・音楽アカデミー「春期ウィーン・ゼミナール」係
530-0001 大阪市北区梅田2丁目2-2 ヒルトンプラザ9F
TEL:(06)6347-7911 ・ FAX:(06)6347-7310
Eメール:academy@gakushu-kai.com

●上記費用とは別に、受講手続き代行料や海外送金に係る諸費用、宿泊手配料等が必要になります。詳しくは「ご案内とご注意」の講習会経費のお支払をお読みください。

お申込みの前に必ずお読み下さい。-ご案内とご注意ー




- 01ピアノ, 02声楽, 03ヴァイオリン, 08フルート, 10クラリネット, 16サクソフォーン, オーストリア, 春季開講国際コース/通年コース, 最新情報

資料請求はこちらから https://www.gakushu-kai.com/contact/

お問合わせのご案内academy@gakushu-kai.comメールフォームはこちら

お知らせ

★2018年度春コース★

春期コースの詳細を随時アップしております。更新されたコースから下記に掲載しておりますのでご確認下さい♪

2月開催の講習会
シャフハウゼン
ウィーン音楽マスタークラス
ウィーン音楽ゼミナール
オスナブリュック
パリ冬期

3月開催の講習会
エミール・ギレリス
キューザ・オーボエ・ファゴット
オスナブリュック
ドイツハンブルグ
ロンドンコンサート出演
ウィーン音楽マスタークラス

4月開催の講習会
オスナブリュック
パリ春期(日程調整中)
ワロニー

◆Vienna New Year’s Concert 2018◆

2018年のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの実施要項が決定しました

大晦日の夜に「こうもり」を観て、元旦の昼間に世界屈指のコンサートホール楽友協会の大ホール黄金の間でウィーンフィルのコンサート。音楽ファンにとってウィーンで過ごす年末年始は最高の贅沢と言われています。

詳しくは【ヨーロッパで鑑る】ご確認下さい。